ロフトベッド 折りたたみベッド 一人暮らし 狭い部屋

ロフトベッドか折りたたみベッド、狭い部屋の一人暮らしにおすすめなのはどっち??

更新日:

5畳や6畳などの狭い部屋で一人暮らしをはじめるあなた。

普通のベッドを置いてしまうと、生活スペースが狭すぎる。。。

そんな狭い部屋に一人暮らしをはじめる人にとっては、部屋に置くベッドにより部屋のスペースが大きく変わります。

今回は、そんな狭い部屋に一人暮らしをはじめる大学生や社会人のあなたに、おすすめのベッドについてみていきましょう。

ロフトベッドか折りたたみベッド、狭い部屋の一人暮らしにおすすめなのはどっち??

一人暮らしをはじめる際、どのような選べばいいのか難しいところですよね。

ワンルームや1Kなどの部屋で6畳、7畳、8畳という広さだとベッドや家具により、部屋のスペースをどれだけ有効に使えるのかは変わってきます。

設置するベッドの候補としては、

  • ベッド下に物をたっぷり収納できる収納付きベッド
  • 寝る時以外は折りたたんで使える折りたたみベッド
  • ベッドとしてもソファーとしても使えるソファーベッド
  • 部屋の上部のスペースを有効に使えるロフトベッド

あたりが選択肢として入るのではないでしょうか。

いずれも狭い部屋でも有効に使えるベッドですが、実際どのベッドが合うのかは、ご自身の生活環境やスタイルによっても変わってきます。

おすすめするベッドは、タイプによって変わりますので、タイプごとにおすすめのベッドも見ていきましょう。

ものが多い方におすすめのベッド

まず、物が多い方におすすめのベッドを見ていきましょう。

ものが多い方には、

  • 収納付きベッド
  • ロフトベッド

がおすすめです。

 

収納付きベッドは、ベッド下に収納スペースが付いたタイプのベッドで、引き出し型の物や、タンスのように引き出しがピッタリとくっついているもの、ベッドの床板部分が上に跳ね上がるタイプのガス圧式跳ね上げ収納ベッドなどがあります。

収納ベッドの中では、造りが比較的簡単に出来ている引き出し収納ベッドが一番安く、ガス圧式で上に跳ね上がるガス圧式跳ね上げ収納ベッドが料金的には高くなります。

ただ、物が多すぎるという方や、部屋のスペースが狭すぎてサイドに引き出すスペースが無いという人にとっては、左右にスペースを確保する必要がないので、ガス圧式跳ね上げ収納ベッドがおすすめとなります。

また、ロフトベッドも物が多い人にとってはおすすめです。

ロフトしたの部分を、収納スペースとして使うことが出来ますので、クローゼットが少ないという方も、ベッド下の部分をクローゼットとして使うことが出来ます。

ロフトベッドは、高さもさまざまですので、高すぎるのが苦手という人であれば、ミドルサイズやローサイズのロフトベッドを選ぶのも良いでしょう。

 

この2タイプ共に言えるのですが、ベッドを上げ下げする必要がありませんので、こまめに上げ下げするのは面倒という方にとってもメリットとなります。

特に、ロフトベッドであれば、来客時、多少ベッドの上が汚くなっていたとしても、上部にあるため目立ちません。

自分はズボラな性格だという方は、ロフトベッドを選ぶのも良いと思います。

ロフトベッドしたも、カーテンが付けられるタイプもあります。

部屋のスペースを広々使いたい方におすすめのベッド

日中、部屋を広々と使いたい方におすすめのベッドは、

  • 折りたたみベッド
  • ロフトベッド

がおすすめです。

折りたたみベッドは、寝るとき以外にベッドを折りたたむことで、日中は寝るスペースも有効に使うことができます。

こまめに折りたたんだり広げたりするのが苦にならないという方であれば、折りたたみベッドはおすすめです。

ただ、気が付けば折りたたみベッドを折りたたまず過ごすことが多いということになりかねません。

寝心地は、やはり普通のベッドに劣るものが多いので、最大のメリットである折りたたむ機会が多いという方には、折りたたみベッドがおすすめです。

また、ロフトベッドも日中の部屋のスペースを有効に使いたい方におすすめです。

ロフトベッドの下のスペースに、ソファーを置いたり、テーブルを置いたりすることができます。

中には、テーブル付きのロフトベッドもありますので、狭い部屋でもパソコンや仕事、勉強をしたいという方は、テーブルが付いたロフトベッドを選ぶのもおすすめです。

来客が多い方におすすめのベッド

友達やパートナーなど、来客が多い方も多いでしょう。

そんな来客が多い方には、

  • ソファーベッド
  • 折りたたみベッド

がおすすめです。

ソファーベッドだと、来客時にはソファーにすることで、友達を迎えることができます。

来客を迎えるにあたり、やはりソファーがあるのとないのとでは部屋での過ごし方も違います。

そんな方にはソファーベッドがピッタリです。

また、来客時にはベッドを折りたためる折りたたみベッドも、部屋の中にスペースをとれるのでおすすめのベッドのひとつです。

 

 

いかがでしたでしょうか。

タイプ別におすすめのベッドをご紹介させていただきました。

それぞれのタイプのベッドのデメリット

ここまでは、主にメリットとなる点をあげましたが、デメリットとなる点もあります。

ソファーベッド、折りたたみベッド、ロフトベッドに共通できることですが、寝心地の良いベッドを選ぶことが難しいということです。

それぞれ、部屋のスペースを有効に使えるタイプのベッドではあるのですが、ベッド本来の目的である、寝ることに関しては、やはり通常のベッドのほうが寝心地にこだわることができます。

最近は、寝心地の良いソファーベッドなども出てきてはいるのですが、ベッドに寝心地を求める方は、寝心地を重視したベッドやマットレスを選ぶことをおすすめします。

 

また、めんどくさがりな性格や、ずぼらな方にとっても、ソファーベッド、折りたたみベッド、ロフトベッドは合わないかもしれません。

ソファーベッドや折りたたみベッドは、ソファーにしたり折りたたむことで、その機能を活かすことができます。

折りたたんだりソファーにしたりするのが面倒で、気が付けばベッドとしてしか使わなかったという方も、実際に多くいます。

その場合だと、ベッドとしての機能を求めてベッドを選ぶほうがよいので、実際に折りたたんで使うかどうかは、購入前に考えておいたほうがよいでしょう。

ロフトベッドについても、毎日の上り下りは手間がかかります。

ちょっとしたことですが、毎日生活している中では、体調の悪い日も出てきます。

そんな体調の悪い日も、ロフトベッドであれば上り下りをする必要があります。

また、足を骨折したり、ひどい腰痛などになってしまった際も、上り下りをしなければなりません。

 

こういったデメリットもありますので、購入前にこれらのことを踏まえたベッド選びを心がけましょう。

デメリットを事前に考えておくことが、失敗しないベッド選びとなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

狭い部屋で一人暮らしをするあなたに、ロフトベッドか折りたたみベッド、狭い部屋の一人暮らしにおすすめなのはど知らかについてご紹介させていただきました。

ロフトベッドや折りたたみベッドの他にも、収納ベッドやソファーベッドも狭い部屋にはおすすめです。

ご自身の環境やライフスタイルに合わせ、ご自身に合ったベッド選びをしてみてください。

今回ご紹介させていただいたロフトベッド折りたたみベッドソファーベッド収納ベッドの他にも、ベッドのタイプはたくさんあります。

こちらのベッド通販サイトも是非チェックしてみてください。

コスパの良いベッドで日々の睡眠を快適に!

 送料無料で品揃え豊富なベッド通販

インターネット通販専門店ならではの低価格で高品質のベッドが300種類以上と豊富な品揃え!

流通コストを排除することで実現した低価格・高品質のコストパフォーマンス!

セールにも負けない低価格と豊富な品揃え、きっとあなたの欲しいベッドが見つかります!

口コミ評価も高く、豊富な販売実績を誇るベッド通販専門店ですので、安心して購入いただけます。ぜひご覧ください。

Daily BED デイリーベッド 高コスパで安心の販売実績

-ロフトベッド, 折りたたみベッド, 一人暮らし, 狭い部屋
-, , ,

Copyright© ROOMS ベッド&マットレス , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.