おすすめベッド 夫婦

ダブルベッドとツインベッド、夫婦二人の寝室にはどのサイズがおすすめ?

更新日:

ダブルベッド・ツインベッド、夫婦二人で寝るのにおすすめのサイズのベッドは?

夫婦二人での生活、寝室のベッド選びにお悩みの方も多いでしょう。

今回は、ある夫婦のベッド選びへの悩みを元に、ベッドサイズについてみていきましょう。

ダブルベッドとツインベッド、夫婦二人の寝室にはどのサイズがおすすめ?

夫婦でのベッド選びはダブルかツインか

元々、二人でダブルベッドで寝ていた夫婦が、寝室の改装を機に、ベッドの買い替えを検討。

夫婦の選択肢としては、

  • 今まで通りのダブルサイズのベッドに
  • ダブルから少しサイズを広げてクイーンサイズのベッドへ
  • セミダブルのベッドを2台置くツインベッドへ

が候補に。

どれがおすすめなのか、見てみましょう。

ベッドのサイズについて

一般的なベッドのサイズ表

マットレスのサイズ
サイズの名称 長さ 対応人数 備考
セミシングル 80cm 195cm 1人 小さなお子様にお勧め
シングル 97cm 1人用の一般的サイズ
セミダブル 120cm 1人用のお勧めサイズ
ダブル 140cm 2人 2人用の一般的なサイズ。
ワイドダブル 150cm 2人用で少しゆとりのあるサイズ
クイーン 80cm × 2枚 2人用のお勧めサイズ
キング 90cm × 2枚 2人+お子様=3人でもゆったりサイズ

ベッドのサイズは、一般的に上の表のようなサイズとなります。

今まで寝ていたダブルサイズは、一般的な2人用のベッドサイズと思われがちですが、実は、一人当たりのスペースは、1人用のセミシングルよりも狭いサイズとなってしまいます。

2人で一緒に寝る際、おすすめなのはクイーンサイズ以上です。

 

今回の選択肢である、ダブルサイズ、クイーンサイズのベッド、セミダブルのツインベッドですが、サイズとしてはダブルだと狭いと言えますので、クイーンサイズか、セミダブルのツインベッドがおすすめです。

 

では、それぞれのメリット・デメリットも見ていきましょう。

ダブルベッドで一緒に寝る夫婦の場合

夫婦で寝室にベッドを置く際、まず選択肢に入るのがダブルベッドですよね。

やっぱり一緒に寝たいという方は多く、同棲カップルや新婚さんに人気のベッドです。

夫婦2人で同じ寝室で寝ている方に同じベッドで寝ているかを聞いたところ、80%が夫婦で同じベッドで寝ています。

結婚年数別でみても、20年目までは夫婦2人で一緒のベッドで寝ている方(こどもと3人も含む)は、50%以上、20年目以上のご夫婦でも40%程度いらっしゃいます。

ダブルベッドで寝る際のメリット

まず、一番のメリットは、二人一緒に寝られるということが多いいですよね。

夫婦生活は、円満なのが何よりで、身体を寄せ合って寝ることができるのでおすすめです。

喧嘩した時も、一緒に寝ることで仲直りのきっかけとなることもあるので、夫婦が仲良く過ごす一つの要素として、大きなメリットといえるでしょう。

ダブルベッドで寝る際のデメリット

夫婦が一緒に寝ることがデメリットになることもあります。

結婚生活を続けている中で、不仲になることもあるでしょう。

また、パートナーの動きが気になって寝られない、また、パートナーに気を遣うことで寝不足になったりすることもあります。

新婚当初は一緒に寝ることに喜びを感じていても、年数とともに変化する可能性もあります。

ベッドは、大型家具なのでできれば長く使いたいもの。

 

このあたりのデメリットも踏まえたベッド選びが、失敗しないベッド選びのコツとなります。

ダブルベッドで一緒に寝ている方の口コミ

「ダブルかツインならダブルがお勧めかな! 喧嘩した時とか別々で寝るより一緒に寝た方が仲直りのきっかけが掴みやすい気がするので! 寝相の悪さや、鼾とか一緒に寝たく無い理由が無いなら、ツインよりダブルをお勧めします♪」(32歳 主婦)

 

「うちはクイーンサイズのベッドに二人で寝ています。ダブルだと二人で寝るには窮屈そう。逆にキングだとマットレスを裏返したりするのがかなり困難ということでクイーンに落ち着きました。結果は大満足。特に問題はありません。ツインだと寂しいので最初から考えませんでした」(33歳 主婦)

ツインベッドで寝る夫婦の場合

ツインベッドで寝る場合は、同じ寝室に2台のベッドを離しておいている状態。

新婚当初は少し寂しい気もしますがいかがでしょうか。

ツインベッドで寝る際のメリット・デメリットも見ていきましょう。

ツインベッドで寝る夫婦のメリット

ツインで別々のベッドで寝る際のメリットは、パートナーに気を遣わずに寝られるということです。

寝相が悪かったりすると、ついつい気になって寝られなるという方も多いので、快眠のためにツインで寝るという選択もあります。

また、寝返りが打てないことで、血流の流れが悪くなり腰痛になることがあります。

朝起きて腰が痛いという方で、夫婦一緒に寝るスタイルから、別々のベッドで寝るという選択をする方もいます。

そもそも、寝る時は一人がいいという方もいますので、その際にはツインベッドで寝るスタイルがあっているといえるでしょう。

ツインベッドで寝る夫婦のデメリット

デメリットとしては、別々に寝ることで距離ができてしまうことです。

距離は、物理的な距離だけでなく、夫婦の仲にも距離が出てくることもあります。

例えば夜の営みの際、ダブルベッドだと、自然な流れで夜の営みになることもありますが、別々のベッドであれば、どちらかのベッドに入る必要が出てきます。

ダブルベッドで寝る時よりも、夜の営みにつながりづらく、徐々に回数が減っていき、セックスレスになってしまったという夫婦もよくいらっしゃいます。

ツインベッドで寝る夫婦の口コミ

「夫婦2人家族ですが、ちょっと贅沢にセミダブルを二つくっつけて寝ていますよ!もし将来子供が産まれても数パターン、レイアウトがきくのでいいかなーと。。最初はダブルも考えていたのですが、相手が寝返りをうつと震動が気になったら嫌だなと思い、でも一緒には寝たい…そう考えていたら今のようにベッドをくっつけることで解決しました」(27歳 主婦)

ツインベッドで、ベッド自体は別なのですが、2台をくっつけることで一緒に寝ているという方もいます。

夫婦二人で寝る際のおすすめのベッド

ここまでは、ダブルベッドとツインベッド、夫婦二人の寝室におすすめのベッドについてみてきました。

おすすめとしては、最後にご紹介した口コミにもあるように、2つのベッドをくっつけて寝るというのがおすすめです。

2台をぴったりくっつけられるタイプのベッドがあるので、2台を連結できるタイプのベッドがおすすめです。

2台連結できるベッドのメリット

2台を連結できるベッドのメリットを見てみましょう。

  • 夫婦一緒に寝ることができる
  • 別々に離してツインベッドとしても使える
  • 子供ができた時も家族一緒に寝られる
  • 転勤・単身赴任など、ライフスタイルの変化にも対応

このように、様々なライフステージにも対応することができます。

ただベッドを2台並べるだけでは、子供を挟んで家族一緒に寝る際、ベッドがずれてしまう恐れもありますが、連結できるタイプだと、ぴったりくっつけることができるので、2人の間に子供を挟んで寝るということも可能です。

また、将来、旦那さんが単身赴任するときなども、クイーンベッドだと持てあましてしまう広さになってしまいますが、1台を単身赴任先で使うということもできます。

このように、家族での生活を送るうえでも、様々なシーンに対応できることが、2台連結できるベッドを選ぶことのメリットとなります。

おすすめの連結ベッド

おすすめのタイプも見ていきましょう。

コスパの良いベッドで日々の睡眠を快適に!

 送料無料で品揃え豊富なベッド通販

インターネット通販専門店ならではの低価格で高品質のベッドが300種類以上と豊富な品揃え!

流通コストを排除することで実現した低価格・高品質のコストパフォーマンス!

セールにも負けない低価格と豊富な品揃え、きっとあなたの欲しいベッドが見つかります!

口コミ評価も高く、豊富な販売実績を誇るベッド通販専門店ですので、安心して購入いただけます。ぜひご覧ください。

Daily BED デイリーベッド 高コスパで安心の販売実績




-おすすめベッド, 夫婦
-, , , ,

Copyright© ROOMS ベッド&マットレス , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.