ベッドの基礎知識

ベッドフレームの選び方!好みのベッドをフレームタイプから選択する!

更新日:

あなたはベッド・ベッドフレームを選ぶとき何を基準に選んでいますでしょうか?

  • 金額から選ぶ
  • デザインから選ぶ
  • サイズから選ぶ

このあたりを基準に選ぶ方が多いのではないでしょうか。

選び方は人それぞれで、ご予算やこだわり部屋の広さなどさまざまです。

部屋のスペースが狭くて消去法でベッドを選ばざるをえないという方もいると思いますが、基本的には、ベッドフレームはベッド選びに重要な要素となります。

今回はそんな選び方の中から、ベッド・ベッドフレームの選び方についてご紹介させていただきます。

 

ベッドサイズを選ぶ

まずベッドを選ぶ際はサイズが重要となります。

一般的なベッドのサイズ表

マットレスのサイズ
サイズの名称 長さ 対応人数 備考
セミシングル 80cm 195cm 1人 小さなお子様にお勧め
シングル 97cm 1人用の一般的サイズ
セミダブル 120cm 1人用のお勧めサイズ
ダブル 140cm 2人 2人用の一般的なサイズ。
ワイドダブル 150cm 2人用で少しゆとりのあるサイズ
クイーン 80cm × 2枚 2人用のお勧めサイズ
キング 90cm × 2枚 2人+お子様=3人でもゆったりサイズ

 

ベッドサイズについて、詳しくはこちらでご紹介しておりますのでこちらもよろしければご覧ください。

ベッドのサイズ表・寸法一覧!シングルやダブル、クイーンの大きさをチェック!

ベッドフレームのタイプを選ぶ

ベッドフレームには様々あります。

  1. フラットタイプ
  2. 宮棚付きタイプ
  3. フロアベッド/ローベッドタイプ
  4. 収納ベッドタイプ
  5. 脚付きマットレスタイプ
  6. 畳ベッドタイプ
  7. ソファーベッド/折りたたみベッドタイプ
  8. ロフトベッドタイプ

 

フラットタイプ

フラットタイプは、ヘッドボードがフラットになったタイプのベッドです。

ヘッドボードがフラットになっており、省スペースとデザイン性で人気のベッド。

画像のように完全にフラットになったものや、少し斜めになったタイプなどがあります。

高さもそれぞれで、高めのタイプは、クッションなどを挟んで持たれてくつろぐといったことも可能となります。

 

通常、ヘッドボードが棚になっているとベッド自体の長さが長くなり、スペースを取ってしまうのですが、フラットタイプだと、ヘッドボード部分がスッキリして部屋を有効に使えます。

ただ、宮棚などがないことで、寝る時にスマホや小物などが置けないことがデメリットとなります。

 

宮棚付きタイプ

宮付きタイプは、ヘッドボードに棚がついたタイプのベッドです。

寝る前に手元にスマホや本、小物などを置いておけるので便利なタイプです。

全長が長くなるのがデメリットではありますが、画像のように省スペースの宮棚もありますので、起きたいものの大きさと部屋のスペースを考慮して選びましょう。

 

フロアベッド/ローベッドタイプ

フロアベッドとローベッドはベッドの高さが低いタイプのベッドです。

ベッドの高さがないので、万が一ベッドから落ちても安心なタイプです。

また、ベッドの高さがないので、部屋に圧迫感を感じず、広々した雰囲気を作れます。

フロアベッド

フロアベッドは床にくっついたタイプのベッドです。

ローベッド

ベッド下に短い脚が付いたタイプのベッドです。

ローベッドの方が足元に空間があるので通気性がよくカビやダニの発生を防ぎやすくなります。

 

収納ベッドタイプ

ベッド下が収納スペースになったタイプのベッドです。

部屋に押し入れや収納スペースが少ない方におすすめで、ベッドの種類によっては大きなタンス並みの収納をすることができるタイプがありますので、部屋のスペース似よって収納スペースはおすすめのベッドです。

収納ベッドにも種類があります。

チェストベッド

チェストベッドは、ベッド下の収納スペースがボックス構造になっており、ベッド下にタンスがあるようなイメージのベッドです。

ほこりや湿気が入りにくい構造になっており、カビが生えにくい構造となっています。

とは言えベッド下は湿気が溜まりやすい環境ですので、換気し、湿気を逃がしてあげることでカビの発生を防ぎましょう。

ガス圧式跳ね上げ収納ベッド

ガス圧式跳ね上げ収納ベッドは、ベッドの床板が跳ね上がるタイプのベッドです。

床板が跳ね上がるため、ベッドの左右に引き出しスペースを確保する必要がありません。

また、モノをとる時も上から確認できるため、収納スペースに入れているものを容易に確認したり取り出すことができます。

 

脚付きマットレスタイプ

脚付きマットレスは、その名の通りマットレスに脚が付いただけのタイプです。

フレームがなく、スッキリできることと、部材の少なさから金額を低く抑えることができます。

 

畳ベッドタイプ

畳ベッドは床板部分が畳になったタイプのベッドです。

ベッドの高さは欲しいけど布団で寝たいという方にはおすすめです。

毎日の起き上がりがツラいという年配の方におすすめです。

若い頃からずっと布団で生活していたという方も違和感なく使えます。

 

ソファーベッド/折りたたみベッドタイプ

ソファーベッドや折りたたみベッドは、日中は折りたたんだりソファーとして使える機能的なベッドです。

狭い部屋にお住まいの方には便利なタイプのベッドです。

最近は寝心地が良いタイプもありますので、選ぶ際は寝心地を優先することをおすすめします。

 

ロフトベッドタイプ

ロフトベッドは、ベッド部分がロフトタイプになっており、スペースを有効に使えるタイプのベッドです。

ベッド下には画像のように机が付いたタイプもありますが、ソファーを置いたり収納スペースにしたりと、有効に使えるベッドです。

 

ベッドフレームの素材を選ぶ

ベッドフレームの素材も様々です。

  1. ウッドフレーム
  2. ファブリックフレーム
  3. レザーフレーム

 

ウッド素材のフレーム

フッドフレームは素材感があり、くつろぎの空間を演出してくれるフレームです。

無垢材を使った本物の木から、木目調のシートを貼って木の雰囲気を演出したものなど様々です。

 

ファブリック素材のフレーム

フレームが布で覆われているタイプのフレームです。

柔らかく、ソファーのような感覚でくつろぐことができます。

ソファーベッドにも良く取り入れられているフレームです。

 

レザー素材のフレーム

レザー素材は落ち着いた雰囲気と高級感を演出してくれます。

ベッドは家具の中でも大型なので、レザーを取り入れることで部屋の雰囲気が一気に変わります。

 

まとめ

ベッドフレームには様々なタイプがあります。

こちら以外にもベッドフレームに特徴があり高いタイプや、お姫様系のかわいいタイプが特徴のフレームなどもあります。

部屋のインテリア選びとともにベッドによって部屋の雰囲気が変わりますので、お好みのタイプを選んでください。

おすすめのベッドを豊富に取り揃えるベッド通販サイトはこちら

コスパの良いベッドで日々の睡眠を快適に!

 送料無料で品揃え豊富なベッド通販

インターネット通販専門店ならではの低価格で高品質のベッドが300種類以上と豊富な品揃え!

流通コストを排除することで実現した低価格・高品質のコストパフォーマンス!

セールにも負けない低価格と豊富な品揃え、きっとあなたの欲しいベッドが見つかります!

口コミ評価も高く、豊富な販売実績を誇るベッド通販専門店ですので、安心して購入いただけます。ぜひご覧ください。

Daily BED デイリーベッド 高コスパで安心の販売実績




-ベッドの基礎知識
-, , ,

Copyright© ROOMS ベッド&マットレス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.