フロアベッド ローベッド 夫婦

キングサイズより大きいワイドキングサイズのベッドでゆったり快眠!

更新日:

キングサイズより大きいワイドキングベッドを選ぶ際のポイント

夫婦二人でゆったり寝たい!!

家族みんな川の字になって寝たい!!

そんな時におすすめのサイズのベッドは、キングサイズやワイドキングサイズの大きいサイズのベッドです。

その大きさから、ゆったり眠れ、寝心地は良いのですが、寝室のスペースを大きくとってしまいます。

そこで、今回はキングやワイドキングサイズのおすすめベッドや、選ぶ際のポイント・注意点をご紹介します。

 

キングサイズやワイドキングサイズのベッドについて

ベッドのサイズにはシングルやセミダブル・ダブルといったサイズは数も多く一般的ですが、それより大きいサイズとしては、クイーンサイズやキングサイズ、ワイドキングサイズというものがあります。

 

クイーンサイズ以上のベッドは基本的に2台を連結するタイプが多いです。

クイーンサイズ以上になると、ドアの大きさに入らなくなるケースが多いからです。

クーンサイズは幅が160cm程度にもなるので入り口や搬入経路のどこかで入らないという状況になることが多いのです。

大きいサイズのベッドを購入する時は部屋ににれる際に入らないといったことにならないよう注意してください。

 

キングサイズやワイドキングサイズの大きいベッドのメリット

一番のメリットはその大きさから広々とゆったり眠れるということです。

夫婦二人で眠る際、ダブルベッドだと、一人あたりのスペースがかなり狭くなってしまいます。

クイーンサイズも、2人で寝る際は一人あたりのスペースがシングルよりも少し狭くなるのですが、左右に15cm〜20cm程度のスペースがあるのでゆったり眠れるといえるでしょう。

 

ただし、ゆったり快適に寝たいといった場合には、キングサイズ以上がおすすめです。

キングサイズのベッドは、ホテルのスイートルームでも採用されており、大人二人でもゆうゆう眠れるだけでなく、小さなお子さんと一緒に寝るといったこともできるのでおすすめのサイズです。

2台連結するため、将来は分割して子ども用のベッドとして使うことができるのもメリットの一つ。

 

キングサイズ以上の大きいベッドのメリット

デメリットについても、メリットと同じく、大きいことがあげられます。

寝るスペースはゆったり快適に過ごせるのですが、逆に寝室自体のスペースは狭くなってしまいます。

せっかく快適なベッドを選んでも寝室自体が狭くて使用しづらいといったことでは快適な生活にはなりません。

ご自宅の部屋のスペースのことも考えた上でベッドサイズを選んでください。

 

キングサイズ以上の大きいベッドを選ぶ時のポイント

キングサイズ以上のベッドはそのサイズの大きさから、寝室に圧迫感を感じ、部屋が狭く感じられてしまいます。

そんなところに背の高いベッドを置くのは圧迫感が増してしまうのでおすすめできません。

 

なるべく広々と開放感を感じられる背の低いベッドがおすすめです。

大きいサイズのベッドを使用する際は、フロアベッドやローベッドといった低いベッドを選ぶことが部屋を広々見せられるポイントです。

 

また、お子さんと一緒に寝たいという方であれば、子どもが万が一ベッドから落ちないかと心配になることもあるかと思いますが、その際も背が低いベッドは落ちてもケガにつながりにくくおすすめです。

 

おすすめのキングサイズ以上の大きいベッド

先ほどお伝えしました通りキングサイズ以上の大きいベッドは背の低いタイプのベッドです。

そこで、そんなおすすめのベッドをご紹介します。

ロング丈連結フロアベッド【JointLong】ジョイント・ロング

【JointLong】ジョイント・ロング

こちらのベッドは、幅が広いだけでなく、ベッドの長さも通常より長いのです。

通常は長さが195cmですが、こちらのベッドは長さが206cmと通常より10cmほど長いのです。

広々と家族全員でゆったり寝ることができおすすめです。

 

ヴィンテージ風レザー・大型サイズ・ローベッド OldLeather オールドレザー

OldLeather オールドレザー

次にご紹介するのはローベッドです。

ローベッドは低いベッドでありながら、低い脚が付いているのがポイントです。

通気性が上がり、カビが生えにくくなるのがメリットです。

スッキリした印象も与えてくれます。

ヴィンテージ風レザーでベッドルームに落ち着いた雰囲気を与えてくれ、くつろぎの空間を与えてくれることでしょう。

 

大きいサイズでベッド下に収納スペースも欲しい場合は

収納スペースが欲しいという方にはベッドの高さは出てしまうのですが、ガス圧式は値上げ収納ベッドがおすすめです。

収納ベッドを2台並べてしまうと左右の引き出しスペースを確保するのが難しいのですが、跳ね上げベッドの場合は床板が上に跳ね上がるタイプですので、左右にスペースがない場合でもしっかり収納できるのです。

国産跳ね上げ収納ベッド Clory クローリー

縦開きや横開きも選べ、ご自身の部屋のスペースにあわせてセミオーダー感覚でベッドが選べおすすめです。

 

まとめ

キングやワイドキングなど大きいサイズのベッドを選ぶ際のポイントやメリット・デメリットをご紹介させていただきました。

広々快適に寝たい場合はキングサイズ以上の幅が広いベッドがおすすめです。

キングサイズ以上のベッドも多数品揃えのベッド通販サイトはこちら

コスパの良いベッドで日々の睡眠を快適に!

 送料無料で品揃え豊富なベッド通販

インターネット通販専門店ならではの低価格で高品質のベッドが300種類以上と豊富な品揃え!

流通コストを排除することで実現した低価格・高品質のコストパフォーマンス!

セールにも負けない低価格と豊富な品揃え、きっとあなたの欲しいベッドが見つかります!

口コミ評価も高く、豊富な販売実績を誇るベッド通販専門店ですので、安心して購入いただけます。ぜひご覧ください。

Daily BED デイリーベッド 高コスパで安心の販売実績




-フロアベッド, ローベッド, 夫婦
-, , , , , ,

Copyright© ROOMS ベッド&マットレス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.