マットレス 布団

ベッドマットレスの上には布団は敷いた方がよいのか?

更新日:

ベッドを使っているけど、マットレスの上に布団を敷くもの??

また、マットレスの上に布団を敷きたいけど、問題ないの??

そんな疑問をお持ちのあなた。

今回は、そんな疑問をお持ちのあなたに、ベッドマットレスの上に敷いた方がよいのかについてご紹介させていただきます。

ベッドマットレスの上には布団は敷いた方がよいのか?

早速結論から入らせていただきますが、ベッドのマットレスの上には布団は不要です。

理由は、基本的にマットレスはそのまま寝ても快適な寝心地を味わえるように作られているから。

マットレスの上に布団を敷きたいという方の理由にもよりますが、寝心地が硬いということであれば、その上に布団を敷いて解決するのではなく、柔らかい寝心地のマットレスを購入することがおすすめ。

 

ボンネルコイルマットレスは寝心地が硬く、ポケットコイルマットレスや低反発マットレスは柔らかく沈み込んでくれるタイプ。

柔らかい寝心地を求める方は、ポケットコイルマットレスや低反発マットレスにすることで、ご自身に合った寝心地に近づくことでしょう。

マットレスもいろいろありますので、店舗で試しに横になってみるのもよいでしょう。

 

マットレスの上に布団を敷いてしまうと、マットレス自体のバネやウレタンなど、素材の機能を生かすことができなくなってしまいます。

それどころか、マットレス本来の寝心地と変わってしまうことで、身体が沈み込みすぎてしまうことにもなりかねません。

 

体が沈み込みすぎることで、寝返りが打ちづらく、腰痛や肩こりなどの原因となってしまいます。

マットレス本来の機能を味わうため、マットレスの上には布団は敷かないことをおすすめします。

 

また、マットレスの上に布団を敷くことは環境の面でもよくないです。

マットレスと布団の間に湿気が溜まってしまい、カビやダニの発生の可能性が高くなってしまうからです。

ベッドのマットレスはどうやって寝るのがよいのか

マットレスの上に布団を敷くのはよくないのであれば、どうやって寝るのがよいのでしょうか。

マットレスの上に直接寝る?

ただ、マットレスの上に直接寝るのもよくありません。

マットレスは洗うことができないため、マットレスの上に直接寝てしまうと、寝てる時の汗を直接吸ってしまい、耐久性も悪く清潔も保てません。

 

湿気も溜まりやすくなるため、マットレスの上に直接寝ることは避けてください。

また、マットレスにシーツを直接敷くだけというのもまた、寝る時の汗を吸収しきれませんのでおすすめではありません。

おすすめは敷きパッドを敷く

ではベッドのマットレスの上には何を敷けばいいのか。

それは、敷きパッドです。

敷きパッドを敷くことで、しっかり汗も吸収してくれますし、洗うこともでき、清潔を保つことができます。

 

また、敷きパッドを敷くことでマットレスに湿気も溜まりにくくなります。

ただ、敷きパッドだけでは湿気はしっかり吸い取ってくれません。

敷きパッドとマットレスの間に除湿シートを敷くことで、湿気からマットレスを守ってくれます。

おすすめの除湿シートはこちら

今使っているマットレスが不満の方

基本的にマットレスの上には布団は不要。

マットレスの柔らかさが合うものをご使用いただくことがおすすめですが、今使っているマットレスの硬さが不満といる方もいるでしょう。

そんな方のために、マットレスの硬さを調節するためのポイントもご紹介させていただきます。

  1. マットレスが柔らかすぎて不満
  2. マットレスが硬すぎて不満

マットレスが柔らかすぎて不満の方

マットレスが柔らかすぎるという不満をお持ちの方は、横になった時はその柔らかさが気持ちよく感じると思いますが、翌朝腰が痛い、また肩が痛いなどということになってしまう方も多いです。

 

仰向けになった時、肩や腰などが沈み過ぎて寝返りが打てなくなることで血流が溜まってしまうことが原因なのです。

そんなマットレスが柔らかすぎて不満という時には、体が沈み込みすぎている腰などの箇所にタオルを敷いてみてください。

そうすることで体が沈み込みすぎず、寝姿勢の悪化を防ぐことができます。

マットレスが硬すぎて不満の方

マットレスが硬すぎるという不満をお持ちの方には、膝を立てて寝ることをおすすめします。

体の出っぱっているところで重心を支えるため腰などが痛くなりやすいのですが、膝を立てることで腰の出っ張りを軽減させ、腰痛を和らげることができます。

 

膝を立てて寝るのに違和感がある方は、膝の下あたりにクッションなどを置き、自然と膝を立てたような状態を作ることで同様の効果が得られます。

 

ただ、いずれも毎日マットレスと体に何かを挟んで寝るというのは違和感があることです。

応急処置としてとらえていただければと思います。

 

どうしてもマットレスの柔らかさが合わない場合には、マットレスの買い替えを検討することをおすすめします。

また、敷きパッドにも種類がありますので、敷きパッドで解決できるようであれば敷きパッドも試してみましょう。

https://mfispace.com/rooms/2017/05/13/post-117/

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ベッドのマットレスの上には、基本的に布団は不要です。

布団ではなく、敷きパッドを敷くことがベッドのマットレスには一番よいでしょう。

マットレスの寝心地を信用し、ご自身に合った柔らかさのマットレスを購入することをおすすめします。

 

腰痛の方などには、低反発マットレスは柔らかすぎておすすめできないのですが、人気のマットレスとして、反発性が高く寝返りが打ちやすい高反発マットレスがおすすめです。

腰痛にお悩みの方は、腰痛対策の高反発敷き布団雲のやすらぎ もおすすめです。

コスパの良いベッドで日々の睡眠を快適に!

 送料無料で品揃え豊富なベッド通販

インターネット通販専門店ならではの低価格で高品質のベッドが300種類以上と豊富な品揃え!

流通コストを排除することで実現した低価格・高品質のコストパフォーマンス!

セールにも負けない低価格と豊富な品揃え、きっとあなたの欲しいベッドが見つかります!

口コミ評価も高く、豊富な販売実績を誇るベッド通販専門店ですので、安心して購入いただけます。ぜひご覧ください。

Daily BED デイリーベッド 高コスパで安心の販売実績

-マットレス, 布団
-, , , , ,

Copyright© ROOMS ベッド&マットレス , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.