すのこベッド 和室 畳

【和室・畳】ベッドを置いても大丈夫? 賃貸の和室に有効なテクニック

更新日:

和室にベッドを置いてみたいとお考えのあなた。

 

しかし、「畳にベッドって合わないのでは?」

「畳が凹んでしまうのではないか?」

「賃貸なので、畳を凹ますわけにはいかない。。。」

そんな不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、そんな不安をお持ちのあなたに、和室の畳の上にベッドは置けないのか?

についてご紹介させていただきます。

 

賃貸にお住まいの方も多いと思いますので、賃貸の和室のケースとして書かせていただきますが、当然、賃貸ではなく持ち家の方にも当てはまることばかりですのでぜひご覧ください。

賃貸の和室の畳の上にベッドを置くには

和室の畳で寝る場合、どんなスタイルが思い浮かびますか?

まず最初に思い浮かぶのは、やはり畳の上に布団を敷くというイメージを持つのではないでしょうか。

昔の日本ならではのスタイルで、このようなイメージを持つ方は多いです。

 

実際、畳の上に布団を敷くというスタイルが一番合っているといえるでしょう。

和室の畳は、部屋の湿気をコントロールしたり、有害物質を吸収してくれる効果があります。

畳は古くから使われている伝統的な敷物で、高温多湿な日本の環境に合っており、古くから使われているスタイルです。

畳は自然の空気清浄機と言われるほどで、日本の環境に適したものです。

布団の寝心地に不満があり、ベッドにしたいという方には、厚さが17cmあり、まるで雲の上のような寝心地の敷布団『雲のやすらぎ』もおすすめです。

雲のやすらぎ

しかし、そんな畳ですが、実は布団を敷きっぱなしにしてしまった場合は、畳に湿気が溜まってしまい、カビが生えやすい環境となってしまいます。

毎日布団をたたんでいれば問題ないのですが、布団を毎日たたまない方にとっては、ベッドを和室の畳の上に置くというのは、カビなどを防ぐためには布団を敷くよりも、実はおすすめ!

畳ベッドは布団の寝心地で寝起きもラクでおすすめ!

賃貸の和室の畳の上にベッドを置く際の注意点

実はおすすめのスタイルである、畳の上にベッドを置くというスタイルですが、注意しておく点もあります。

畳にベッドの足の跡がついてしまう

賃貸にお住まいの方であれば、この畳に付く跡によっても、退去時の費用が変わったりします。

ただ、跡が付いても付かなくても畳は退去する際には交換が必須となっているケースも多いので、畳の交換が必須かどうかは、実際の契約条件を見返してみると良いでしょう。

契約条件に交換が必須となっている場合は、畳が凹んでも凹まなくても費用が変わりませんので、金額面ではそれほど神経質になる必要はありません。

和室の畳がある部屋を賃貸で借りる時の注意点

賃貸マンションなどを選ぶ時、和室のある部屋を避けるという方も多いでしょう。

しかし、畳の和室が一室あるだけで、違った雰囲気を作り出すこともできます。

インテリアも、お部屋に合わせて和のテイストを取り入れやすくなります。

 

また、和室があるということで、賃貸物件の人気が下がってしまうこともあるので、家賃が低く抑えられるケースもあります。

うまく部屋づくりを行なうことで、オシャレな和室という点以外にも、金額的にもメリットとなります。

和室のある部屋作りを積極的に取り組んでみてもよいのではないでしょうか。

 

和室は、収納も洋服などは収納しずらいですが、収納スペース自体は広いものが多く、畳の和室ならではの良さも沢山あります。

少し視点を変えて和室を取り入れた空間づくりをしてみてはいかがでしょう。

和室の畳にベッドをおしゃれに置く方法!コーディネート術を紹介!

和室の畳におしゃれにベッドを置く方法

では、そんな和室にベッドを置く際には、どんなベッドが良いのでしょう?

ここからは、和室に置くベッドはどんなベッドが良いのかをご紹介していきます。

 

和室の畳には、メタルラックやスチールのシェルフなどは合わせづらいもの。

和室に合う家具は、ナチュラル系の家具が合わせやすくなります。

家具と同様、ベッドもナチュラルな和風のイメージのある、木製フレームのベッドが合うといえます。

ベッドの大きさや高さについても、和室の畳に合うタイプ・合わないタイプがあります。

大きなヘッドボードが付いたベッドを選ぶと、洋風なイメージが強くなってしまいます。

せっかくの和室のイメージを損なってしまいがちですので注意が必要です。

また、引き出し式の収納タイプもできれば避けた方が良いでしょう。

開け閉めしているうちに畳を痛めてしまうことがあります。

 

和室の畳に合わせやすいおすすめのベッドは、ずばりフレームが木目調で、高さが低めのベッド

 

また、和室に2段ベッドやロフトベッドなどはどうでしょうか?

合いませんよね。

 

和室の畳の上では、高さのあるベッドより低いベッドの方が合いやすいのです。

和風のイメージに合わせやすく、寝心地も布団の高さに近く安心して眠ることができます。

今までベッドを使わず布団で生活していたという方にも、高さが低いベッドは使いやすくおすすめです。

毎日の寝起きがツラいという方はぜひ導入してみてください。

毎日の寝起きが格段に良くなります。

ぜひベッドのある部屋で快適な生活をしてみてください。

 

和室の雰囲気を損なわずにベッドを使いたいという方には、畳ベッドもおすすめです。

畳ベッドとは、ベッドの床板が畳になっているタイプのベッドです。

日本製・布団が収納できる大容量収納畳ベッド 悠華 ユハナ

ベッドのデザイン自体が和テイストになっているものが大半で、和室の雰囲気そのままで、ベッドを使うことができます。

和室との相性を求める方にはおすすめ

 

また、すのこベッドもおすすめです。

総桐ヘッドレスすのこベッド【fiume】フィウーメ 省スペースですっきり

ナチュラルな雰囲気のベッドが多く、風通しも良くなりますので、カビやダニの対策にもなります。

和室の畳にベッドを置く際に注意するポイント

和室の畳の部屋にベッドを置くことを具体的に検討している方に、注意するポイントもご紹介します。

  1. 畳が凹まないようにする
  2. 湿気やほこりに注意する
  3. ベッドを移動しにくいので設置場所に注意する

畳が凹まないようにする

ベッドには色々なタイプがありますが、和室の畳の上にベッドを置く時に気をつけるべきはベッドの脚です。

特に脚が細いタイプのものは要注意です。

 

ベッドの重さだけでなく、人間の体重をその脚で支えるため、ケアをしないとすぐに畳はへこんでしまいます。

賃貸にお住まいの方であれば、この畳に付く跡によっても、退去時の費用が変わったりすることがあります。

 

ただ、先ほども書いた通り、跡が付かなくても、畳は退去する際には交換が必須となっているケースも多いので、その辺りは、実際の契約条件をチェックしてください。

 

しかし、その部屋に住んでいる限りは、その畳ともうまく付き合っていかないといけないので、いずれにしもて畳に跡は残したくないですよね。

そんな時には、ベッドを置く前に、コルクマットやジョイントマットを敷き、その上にベッドを乗せると、畳にあとが付きにくくなります。

例えば、コルクマットは軽くて加工しやすく、重ねることで厚みを出すこともできますので、便利なアイテムです。

敷きたい部分だけカットして使うこともできるので手軽に使えておすすめです。

ベッドの脚の部分に板を敷き、重みで脚が畳に沈み込むのを防ぐ良い方法となります。

 

他にも、厚みのあるジョイントマットを部屋全体に敷き詰めてしまうというのも良い方法です。

ジョイントマットを全体に敷くことは、汚れや防音などの面でもメリットとなりますのでおすすめです。

湿気やほこりに注意する

和室の畳にベッドを置く時、ほこりやカビにも注意しましょう。

冬場などは、窓際にベッドを寄せてしまうと、ベッドと窓の間にある畳に湿気が溜まりカビが生えやすくなります。

ベッドと畳の間に湿気やほこりが溜まりやすく、その湿気からカビが生えてしまうのです。

特に賃貸の場合だと、退去のことも考える必要がありますので、なるべくキレイに使っておきたいですよね。

一度カビが生えると、なかなかきれいに取り除けません。

カビが生えないよう、事前に注意が必要です。

ベッドを移動しにくいので設置場所に注意する

和室の畳にベッドを置く際、事前に位置はしっかりと考えた上で設置してください。

フローリングの上にベッドを置く場合は、ちょっと押せばベッド位置の移動も比較的容易に行なえます。

しかし、畳の上だとベッドを移動させるのは容易ではありません。

置くときはあらかじめベッド位置のコーディネートをしておきましょう。

一度置いてからずらしてしまうと畳を傷つける恐れがありますので要注意です。

また、ほこりも溜まりやすいので、壁にピッタリつけないなど、ベッドを動かさなくても掃除がしやすい位置に配置するというのもポイントです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

和室の畳の上にもベッドが合うというのをおわかりいただけたのではないでしょうか。

和室の畳にベッドをおしゃれに置く方法!コーディネート術を紹介!

賃貸の方も、退去時に畳の貼り替えが必須なのかどうかによっても扱い方が変わってきますので、まずは契約内容を見直してみると良いでしょう。

和室の良さを活かしたベッドのコーディネートをしてみてください。

あなたのお部屋も、きっと今までよりも快適で過ごしやすい空間が演出できることでしょう。

快適な空間が演出できるベッドが豊富に揃うベッド通販サイトもぜひご覧ください。

やっぱり和室には布団がいいという方には、通気性がよく、畳との相性も良い雲のやすらぎ敷布団もおすすめです。

コスパの良いベッドで日々の睡眠を快適に!

 送料無料で品揃え豊富なベッド通販

インターネット通販専門店ならではの低価格で高品質のベッドが300種類以上と豊富な品揃え!

流通コストを排除することで実現した低価格・高品質のコストパフォーマンス!

セールにも負けない低価格と豊富な品揃え、きっとあなたの欲しいベッドが見つかります!

口コミ評価も高く、豊富な販売実績を誇るベッド通販専門店ですので、安心して購入いただけます。ぜひご覧ください。

Daily BED デイリーベッド 高コスパで安心の販売実績

-すのこベッド, 和室 畳
-, , , , ,

Copyright© ROOMS ベッド&マットレス , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.