すのこベッド

ベッドやマットレスをダニやカビから防ぐ方法!【湿気の多い梅雨の時期必見!】

更新日:

湿気の多い梅雨のジメジメする時期は不快を感じることも多く苦手な方も多いですよね。

 

湿気の多い時期は、布団やベッドにとっても良くない時期で一年の中で一番ダニが増える時期でもあります

梅雨にダニが繁殖しやすいのは、その温度と湿度が原因

ダニが繁殖しやすい温度や湿度は以下の通りです。

  • 温度:20〜30°C
  • 湿度:60〜80%

ずばり梅雨の時期はダニの繁殖にピッタリの環境といえるでしょう。

また、ダニが繁殖する環境は、カビも繁殖しやすい環境といえるので要注意です。

 

そこで、こちらでは、そんな梅雨の時期にもしっかり湿気対策を行ないダニとカビの発生を抑える方法についてご紹介させていただきます。

ダニ捕りロボ

 

ベッドのダニ・カビ予防対策

布団を使っている方、ベッドを使っている方と、それぞれいらっしゃいますが、どちらかというとベッドのほうがおすすめです。

ベッドは床に直接触れておらず床から少し高い位置にあるため、風通しが良く布団よりはダニの繁殖が抑えられるのです。

ただ、そうはいえ、ベッドでもやはりダニやカビの発生は起こってしまいます。

 

そこで、ベッドのダニ・カビ対策をご紹介させていただきます。

対策としては大きくわけて、ベッドや周辺グッズで対策することと、日々心がける対策の二つに分けられます。

 

ベッドや周辺グッズでの予防対策

ベッドや周辺グッズでの予防は、

が挙げられます。

 

ベッドのマットレスにはいろんなタイプがありますが、ダニ・カビの繁殖を抑えるにはスプリングタイプのマットレスがおすすめです。

理由は、通気性が良く、素材のウレタンフォームなどが防ダニ加工されているものが多いからです。

スプリングタイプのマットレスの中でも、ボンネルコイルマットレスは通気性が特に良いです。

また、フランスベッドの高密度連続スプリングもおすすめです。

フランスベッドは、名前からフランスのメーカーと思われている方もいますが、日本のメーカー。

高温多湿な日本に合うよう、寝心地だけでなく通気性も意識して作られており、ダニやカビにも強く長い間使えるのでダニ対策にもおすすめです。

 

また、シーツも細かい繊維を高密度で織り上げ、ダニが通過できないようにした防ダニシーツベッドパッドを使用することをおすすめします。

 

マットレスは丸洗いできませんので、汗をマットレスに吸収させないよう、ベッドパッドを使用するのも良いでしょう。

ただ、せっかく防ダニ・防カビ対策を行なっても日々の対策が行なっては意味がありません。

 

日々心がける予防対策

日々心がける予防としましては、

  • 週に1回の洗濯や掃除
  • ベッド下もこまめにモップ掛け
  • マットレスの立て掛け・天日干し
  • ベッドで飲食をしない

ということ。

 

人は寝ている間にコップ一杯分の汗をかくといわれています。

梅雨の時期は湿度も高く温度も高いため、通常よりも多くの汗をかくことが容易に考えられます。

 

そこで、枕カバーやシーツ、布団カバーをしっかり洗濯し、掛け布団は天日干し、マットレスの掃除も週に1回は行なうのが良いでしょう。

梅雨の時期で晴れる日はそんなに多くないですが、晴れた日にはしっかり天日干ししてください。

 

また、掛け布団も朝起きたら敷きっぱなしにするのではなく、風通しの良いところに掛けておくのが良いでしょう。

天気の良い日は天日干しをしてください。

 

ただ、天日干しをした後はすこし注意が必要です。

布団は取り込む際に、叩いてしまいがちですが、実は叩いてはダメなのです。

 

布団の中にはダニの死骸や糞が残ってしまっているのですが、叩いてしまうとそれらが粉々になり、表面に浮かび上がらせてしまうのです。

布団を取り込んだ後は掃除機をかけるのが正しい行動です。

 

布団に3分間掃除機をかけることでダニアレルゲンの50%を取り除くことができるといわれていますので、間違っても叩かず、掃除機をかけてください。

 

マットレスも忘れず掃除機をかけてください。

特にベッドの端っこや縫い目の部分にはホコリやダニの死骸などが溜まりやすいので念入りにかけてください。

 

また、ベッドの下もしっかりモップ掛けをしてください。

ダニやカビはホコリも養分にしますので、養分の元となるホコリはしっかり取り除きましょう。

 

なかなか掃除をしにくい場所ではありますが、ダニやカビが発生しやすい箇所ですので、念入りに行なってください。

マットレスも定期的に天日干しをしてください。マットレスを移動させる際には、同じ面をずっと使うのではなく、上下や裏表を変えて使うのもダニやカビの発生を防ぎやすいポイントです。

マットレスを長い間使う上でも、へたり防止のため、マットレスをローテーションして使うことをおすすめします。

 

また、最後にベッドの上では飲食しない!

狭い部屋ではベッドが生活をする上でのメインの居場所になっている方もいると思いますが、食べカスが溜まることでダニやカビの繁殖にもつながりますので、絶対にしてはいけません。

 

布団のダニ・カビ予防対策

布団の場合は特にダニ・カビの繁殖がしやすくなってしまいますので注意が必要です。

  • 敷き布団は毎日しまう
  • 天気の良い日は天日干しをする

フローリングに直に布団を敷くと、湿気の逃げ場が無くなり、湿気が溜まりやすい状態になってしまいますので、直に敷くのは控えてください

 

どうしても直に敷かないといけない場合は、除湿マットや汗取りパッドを使用し、湿気をなるべく抑えるようにしましょう。

 

また、布団だけではなく、床や畳もケアしてください。畳のダニ退治にはスチームアイロンが有効です。

畳にタオルを敷き、その上にアイロンをあてます。

風通しを良くした後、掃除機を使ってダニの死骸を吸い取ります。

こうすることでダニの死骸や糞を取り除くことができます。

マットレスのダニ対策8つのポイント!洗えず干せないマットレス対策とは!?

まとめ

 

梅雨の時期は布団を敷きっぱなしにせず、風通しを良くすることがダニやカビの繁殖を防ぎますので、日々のケアをしっかり行なってください。

 

また、ベッドやマットレス風通しがよいすのこタイプのベッドを選んだり、マットレスもスプリングタイプのものを選ぶことでダニやカビの販促を抑えることができます。

ダニ対策として、シリーズ累計1300万個の販売実績を誇るダニ捕りロボがおすすめです。

しっかり対策をすることで、梅雨の時期を少しでも快適にできるよう心がけてください。

すのこベッド セミダブルサイズの売れ筋おすすめ7選!!

通気性の良いすのこベッドのなど種類が豊富なベッド通販サイトはこちら

コスパの良いベッドで日々の睡眠を快適に!

 送料無料で品揃え豊富なベッド通販

インターネット通販専門店ならではの低価格で高品質のベッドが300種類以上と豊富な品揃え!

流通コストを排除することで実現した低価格・高品質のコストパフォーマンス!

セールにも負けない低価格と豊富な品揃え、きっとあなたの欲しいベッドが見つかります!

口コミ評価も高く、豊富な販売実績を誇るベッド通販専門店ですので、安心して購入いただけます。ぜひご覧ください。

Daily BED デイリーベッド 高コスパで安心の販売実績




-すのこベッド
-, , , , ,

Copyright© ROOMS ベッド&マットレス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.