ベッドの基礎知識

ベッドおすすめメーカー・ブランドのご紹介【ベッド選びのポイント】

更新日:

ベッドを購入する際、どのようなことを意識するでしょうか?

  • 価格から決める!
  • タイプから決める!
  • 大きさから決める!
  • 機能から決める!
  • 色から決める!

など、ベッドの選び方はさまざまではないでしょうか?

 

今回はベッドをお探しのあなたに、おすすめのベッドメーカーやブランドをご紹介させていただきます。

あなたに合ったベッドブランドやメーカーが見つかれば、そこから自分に合うベッドを見つけてください。

 

ベッド選びで重要なのは、いかに満足度の高い商品を購入できるか

http://roomclip.jp/photo/rB8Y

ベッドを探す際、まずどんなところをみますか?

数あるブランドやメーカー、ショップのなかから自分に合うメーカーのサイトをチェック。

気になるブランドなどがあれば深く調べたり、また、寝心地を重視する方であれば、実際に店舗に足を運ぶこともあるでしょう。

 

ベッドを選ぶ際に重要となってくるのは、いかに満足度の高い商品を購入できるかということです。

満足度の大きな要素としては、「デザイン性」「価格」「機能性」「寝心地」などが挙げられます。

 

お金に余裕がある方であれば、

「金額は高くてもいいから最高の寝心地を求める!!」

と、有名メーカーのベッドを買うという方もいるでしょう。

ただ、現実的なところで考えると、寝心地はそこそこでも価格が安い商品を求める方、

また、部屋のスペースを考えてコンパクトなタイプを選ぶ方、

デザインを一番に考える方など、優先順位は人それぞれです。

 

寝心地を重要視する方であれば、実際に店舗に足を運んでその寝心地をチェックしますよね。

ただ、デザイン価格が一番の選定基準であれば、ネットでショップをしっかり調べることが満足度を上げるポイントともなります。

 

ベッドは、安いものだと1万円前後のものもありますが、一般的には比較的高価な買い物です。

失敗はしたくないですよね。

そこで、こちらでは、数あるブランドやメーカーのベッドの中から、それぞれのおすすめのポイントをご紹介させていただきます。

 

ベッド おすすめメーカー・ブランド

■Seary シーリーベッド

シーリーは、米国ベッド業界を牽引するブランドとして、1881年の誕生以来、つねに心地よい眠りを追求しているブランド。

独創的な発想と最先端の技術で、一人一人に最適な寝心地を提供。

世界中の一流ホテルも選んでいるベッドです。

「すべては心地よい眠りのために・・・。」をコンセプトとしたベッドブランドです。

 

高く評価されているのは、身体の凸凹や体圧を感知し、理想の寝姿勢を提供する独自の快眠テクノロジーで、体重も体型も異なる様々な人々が利用するホテルで数多く採用される実績が、信頼の証しとなっています。

おすすめポイント:寝心地 ★★★★★

価格帯:7万5000円〜

■日本ベッド

1926年創業、国内最古参の老舗ベッドブランド。

日本に「ベッドで寝る」というスタイルを持ち込み、国産ベッドメーカーのパイオニアとして日本のベッドの歴史そのものを作り続けています。

帝国ホテルをはじめとする全国各地の一流ホテルで導入され、迎賓館や宮内庁にも納入実績を持つベッドブランドです。

展開するマットレス製品は、日本人が最も好むと言われる「ポケットコイル式」がメイン。

 

メインアイテムの「シルキーポケットマットレス」にはシングルサイズで1200個のポケットコイルが使われており、この数は一般的なポケットコイルマットレスの倍以上です。

とろけるような「絹の寝心地」を実現しており人気なおすすめMADE IN JAPANブランドベッドです。

 おすすめポイント:寝心地★★★★★  

価格帯:10万3000円〜

■フランスベッド

 言わずと知れた日本を代表する老舗ベッドブランド。

ブランド名「フランスベッド」は、元は1959年に開発された分割式ソファベッドの商品名(国のフランスとは無関係です)。

 

日本の狭い住宅事情にマッチして大ヒット商品となり、以後も薄型ヘッドボードのベッドフレームや通気性の高いマットレスなど、独自の製品を次々と開発。

日本人の体型や高温多湿の生活スタイルをとことん追求した「日本人に合うベッド」を模索し続けているおすすめベッドブランドです。

 

寝心地だけでなく、通気性や吸湿性にもこだわったマットレスで日本人にはおすすめです。

帝国ホテルやホテルオークラなど日本を代表するホテルへの導入実績も多く、2000年以降はミラノサローネをはじめとする国際的な家具見本市にも積極的に出展。

その影響力は世界へと広がり始めております。

 

 おすすめポイント:寝心地★★★★★  

価格帯:5万1000円〜

人気のフランスベッドのマットレスはどう?実際の寝心地を徹底検証!

TEMPUR テンピュール

NASAがロケット打ち上げ時の宇宙飛行士にかかる重力を和らげるために体圧吸収素材を開発したことから始まったのがテンピュールです。

上質なサポート力と快適性で、現在では世界80カ国以上で愛用されており、顧客満足度も高いブランド。

テンピュールは枕も有名。

快適な睡眠がえられます。

おすすめポイント:寝心地★★★★★

■RUF ルフ

ドイツに本社を置くアップホルスターベッドのブランドです。

ヨーロッパで人気の高いファブリックをフレームに使ったベッドで、デザインやカラーの選択肢が広く、ベッドルームをより自分らしく表現できます。

 

また、高いクオリティから、RUFのベッドは「ドイツの完璧主義が生んだ傑作」と評されることも。

国際的なデザイナーとのコラボレーションで生まれたデザインを、熟練の職人が丁寧に形にし世界に送り出している。

 おすすめポイント:デザイン★★★★★  

価格帯:6万2000円〜

■ASLEEP アスリープ

トヨタグル―プの自動車部品メーカー・アイシン精機が手掛けるベッド・マットレスのブランド。

アイシン精機のベッド事業は1966年から始まり、旧ブランドの「トヨタベッド」時代から高品質なベッドを数多く製造。

 

2003年には、ぷにょぷにょした特殊素材「FINE REVO」(ファインレボ)を使ったマットレスを開発、業界に革新をもたらすとともに、ユーザーの睡眠体験に新しい選択肢を提供した。また、「ふとんを干す」文化を持つ日本人の気質に合わせて日干し・水洗いが可能な「J.コンセプトシリーズ」を開発するなど、国産メーカーならではの着眼点と、技術を生かした製品開発を得意とする。

 

そのバックボーンにあるのは、トヨタグル―プの持つ世界最高水準の技術力と徹底した生産管理体制。確かな品質が、日本人の快適な睡眠を生み出し続けている。

 おすすめポイント:寝心地★★★★★  

価格帯:8万円〜

■Artek アルテック

1935年、建築家アルヴァ・アアルトら4人の若者によってフィンランドで設立したベッドブランド。

北欧モダンを代表するブランドとして、家具はもちろん、インテリア雑貨、ファブリック、文具まで、ライフスタイルのあらゆる場面で高い人気を誇っております。

フィンランド産の木材を活用するため、アアルト特有のL-leg(エルレッグ)という曲げ技法を開発。

 

シンプルで洗練されたフォルムの家具は用途・場所を選ばず、本国フィンランドではあちらこちらでArtekの家具を目にすることができる。

 

今やその人気は海を越え、“世界の定番”としてグローバルに評価を高め続けている北欧デザインのベッドです。

 

おすすめポイント:デザイン(北欧)★★★★★  

価格帯:11万3000円〜

【最適なベッド選び】種類の多い中からのベッドタイプ選び5ポイント

まとめ

寝心地を追求したMADE IN JAPANブランドから、デザインを重視した北欧ブランドまでさまざまですよね。

 

また、その他にも、ベッドを買う際にはニトリやIKEA(イケア)、無印良品やカリモクなどの家具メーカーにもおすすめベッドは多いです。

 

また、その他の要素として、送料も気になるところですよね。

満足度の高いベッドを買うにはまず、自分がなにを重視するのかを決めた上でいろんなベッドを探してみてください。

おすすめのベッドが多く、送料無料で種類も豊富!

コスパの良いベッドで日々の睡眠を快適に!

 送料無料で品揃え豊富なベッド通販

インターネット通販専門店ならではの低価格で高品質のベッドが300種類以上と豊富な品揃え!

流通コストを排除することで実現した低価格・高品質のコストパフォーマンス!

セールにも負けない低価格と豊富な品揃え、きっとあなたの欲しいベッドが見つかります!

口コミ評価も高く、豊富な販売実績を誇るベッド通販専門店ですので、安心して購入いただけます。ぜひご覧ください。

Daily BED デイリーベッド 高コスパで安心の販売実績




-ベッドの基礎知識
-, , ,

Copyright© ROOMS ベッド&マットレス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.