「すのこベッド」一覧

すのこベッドは、床板がすのこ仕様になっており、板と板にすき間があり、直接布団やマットレスに触れず、風の通り道があることから、通気性の良いベッドです。

カビやダニの発生を防ぎやすいベッドといえるでしょう。

 

すのこベッドのアクセスTOP5

すのこベッド売れ筋ランキング

第1位 カントリー調 天然木 すのこベッド ショート丈 布団対応 大容量ベッド下収納 Ecru エクル

カントリー調 天然木 すのこベッド ショート丈 布団対応 高さ調整可能 大容量ベッド下収納 『Ecru』 エクル

すのこベッドの第1位は、2018年3月に発売したばかりのカントリー調すのこベッド『Ecre エクル』です。

女の子の一人暮らしにピッタリな、かわいくおしゃれなすのこベッドです。

ベッド下には見せる収納スペースをとることもできますので、狭い部屋でもスペースを有効に使えます。

第2位 国産 宮付き ひのき すのこベッド 無塗装

国産 宮付き ひのき すのこベッド(フレームのみ) 無塗装

すのこベッド第2位は、ひのきのすのこベッドです。

無塗装で、ヒノキの香りを楽しめるのが特徴。

通気性がよく、上質な眠りを促してくれるベッドです。

 

第3位 総桐ヘッドレスすのこベッド【fiume】フィウーメ 省スペースですっきり

総桐ヘッドレスすのこベッド【fiume】フィウーメ 省スペースですっきり すのこベッド第2位は、総桐のすのこベッド『fiume フィウーメ』

先月はすのこベッドランキング1位と、人気の高いベッドです。

省スペースのヘッドレスタイプで、通気性も良い桐すのこベッド。

ベッド下に収納スペースもあり、狭い部屋でもスペースを有効に使えるベッドです。

 

第4位 通気孔付きスタンド式すのこベッド【AIR PLUS】エアープラス

通気孔付きスタンド式すのこベッド【AIR PLUS】エアープラス

第4位は、スタンド式のすのこベッド『AIR PLUS エアープラス』です。

布団に空気の通り道を与えてくれるベッドです。

桐すのこなので、通気性に優れた仕様。

使わないときは2つ折りにしてコンパクトにしまえるのも便利でおすすめです。

 

第5位 棚・コンセント付きデザインすのこベッド Reister レイスター

棚・コンセント付きデザインすのこベッド Reister レイスター
第5位はデザインもすっきりスマートスタイルのReister レイスター
シンプルの中にも洗練された美しさのあるベッドで人気です。
耐荷重も高いため、マットレスだけでなく、布団も使えるしっかりとしたベッドです。

すのこベッドのメリット

  1. 通気性の良さ
  2. 癒し効果があり快眠しやすい
  3. 掃除がしやすい
  4. 軽量なので引越しの際も安心

 

通気性の良さ

すのこベットの最大のメリットは、通気性の良さ。

 

人は寝ている間に思っている以上の汗をかいており、その湿気が毎日マットレスにおりていきます。

そのマットレスから湿気を逃がしやすくしているのが、すのこベッドの大きな特徴。

 

マットレスは定期的に陰干しをしていても、日々の湿気はどうしても溜まってしまうもの。

 

しかし、すのこベッドは、窓を開けて換気を良くすれば通気性が良いので、湿気を逃しやすくなります。

カビの防止対策の面で大きく役立つベッドと言えるのです。

 

癒し効果があり快眠しやすい

すのこベッドは、ベッドに木材が使われており、その木材の色合いや感触、香りにリラックス効果があり快眠へとつながります。

 

限りなく自然に近い木材の色で、使う人の心をあたたかな気持ちにさせてくれおすすめです。

また、なめらかで柔らかさも感じるその手触りと、寝転がった時にほのかに香る木材の香りでリラックスでき、日々の疲れをいやしてくれることでしょう。

 

掃除がしやすい

すのこベッドは、汚れにくい木材が使われているため、大掛かりな掃除をする必要がありません。

 

たまに乾拭きするだけでも十分に美しく使えます。

カビやダニの発生を防ぐため、気がついたらカビが生えていたという心配は他のベッドに比べて少ないのも特徴のひとつ。

 

軽量なので引越しの際も安心

軽量なので引越しの際にも便利。

簡易で組み立てるニトリやIKEAのベッドは引越し業者さんから運搬を断られるケースもありますので、そのあたりでも安心のベッドです。

 

すのこベッドのデメリット

  1. 強度が比較的弱い
  2. ベッド下の収納を使いづらい

 

強度が比較的弱い

湿気を逃してくれるすのこベッドですが、板と板の間に隙間があるため、どうしても強度自体は弱い点はデメリットになります。

 

スプリングマットレスを使用すれば問題ないですが、布団を敷いて使うのが難しいベッドです。

すのこの木材が太いタイプのものもあり、そちらは強度がありますが、厚みが出たり、価格が高くなりがちです。

 

ただ、明らかに強度が弱く壊れやすいということではありませんのでご安心ください。

どうしても心配な方は木材が太いタイプのもののご使用をおすすめします。

 

ベッド下の収納を使いづらい

すのこベッドは、マットレスからの湿気を逃してくれるのですが、その逃がした湿気はさらに下に逃げていきます。

 

ですので、たとえすのこベッドの下に収納スペースのあるものでも、物を詰め込みすぎると湿気が原因でカビが生えてしまいます。

すのこベッドの際の収納スペースはなるべく使用しないか、使ったとしてもすぐ使えるものなど、空気の入れ替えがしやすくなるよう心がけて使うようにする方がよいでしょう。

 

すのこベッドの材質について

すのこに使われる木材には無垢材が使われることが多いです。

 

無垢材とは、天然木を加工せずに、自然の状態の木材のことです。

天然木は湿気が高い時には湿気を吸収し、逆に乾燥している時には湿気を放出するという吸訪湿効果があり、天然木のすのこがカビの好むジメジメとした湿気を防いでくれるため、カビ防止に効果があります。

 

そんなすのこベッドにも材質はいくつかあります。

 

檜(ヒノキ)素材のすのこベッド

ヒノキには、吸放湿効果のほか、消臭脱臭効果やヒノキの香りによるリラックス効果、抗菌防虫効果など様々なメリットのある高級木材です。

金額を気にしないのであればヒノキのすのこベッドがおすすめです。

 

桐(キリ)素材のすのこベッド

桐ダンスなどが有名ですが、家具の木材として昔からよく使われています。

桐は木材の中では最も軽い素材で、吸放湿性にも優れており、すのこベッドに最適の素材と言えるでしょう。

 

杉(スギ)素材のすのこベッド

スギは流通量の多い素材で、すのこベッドにも良く使われております。

吸放湿効果がありながら、比較的低価格で購入できるのでこちらもおすすめの素材です。

 

パイン材素材のすのこベッド

パイン材は、ベッドなどを探している人は目にすることもあると思いますが、パイン材の特徴は木の香りにあります。

 

パイン材のすのこベッドは木の香りを感じることができ、リラックス効果が期待できます。

ヒノキや桐と比べて価格も安いのでこちらも人気の素材です。