ベッドのサイズ表・寸法一覧

ベッドを購入する際、あなたはまず始めに何を選ぶでしょうか?
ベッドを選ぶ際は、ご自身の生活環境にあったサイズからベッドを選ぶ方が多いではないでしょうか。

 

シングルベッドやセミダブル、ダブルベッドと一般的なサイズから、クイーンベッド・キングベッド、また、セミシングルというサイズまであります。

 

ただ、メーカーやブランドによっては、同じサイズで表記されていても、その寸法は違うのです。

 

ベッドをサイズから選んではみたものの、実際使ってみると思っていたより小さかった・・・

そんな失敗もありますので、ベッド選びに失敗しないため、こちらではベッドのサイズ表と、それぞれのサイズの特徴や、どんな人に向いているかをご紹介させていただきます。

 

ベッドのサイズ表

一般的なベッドのサイズ表

マットレスのサイズ
サイズの名称 長さ 対応人数 備考
セミシングル 80cm 195cm 1人 小さなお子様にお勧め
シングル 97cm 1人用の一般的サイズ
セミダブル 120cm 1人用のお勧めサイズ
ダブル 140cm 2人 2人用の一般的なサイズ。
ワイドダブル 150cm 2人用で少しゆとりのあるサイズ
クイーン 80cm × 2枚 2人用のお勧めサイズ
キング 90cm × 2枚 2人+お子様=3人でもゆったりサイズ


ベッドのサイズは、一般的にはマットレスのサイズで分かれております。

ベッドの横幅は、サイズで区分が変わりますが、マットレスの幅に+数cmから十数cmを加算したものが一般的です。

 

ベッドの横幅、長さはメーカー二より誤差がありますので、購入前にはこちらのサイズ表だけではなく、そのメーカーのサイズも確認することをおすすめします。

マットレスに関しても、メーカーにより誤差がありますので、サイズ表は参考としてご活用いただければ幸いです。

 

ベッドサイズごとの特徴と向いている人

セミシングルベッド (サイズ表記:SS)

一人用サイズ 小さな子ども 2台を並べてクイーンサイズ

 

省スペースで部屋の中でベッドの占める範囲が少なくてすむのがメリットのベッドです。

子どもや小柄な女性に最適のサイズで、平均体型の人には少し窮屈に感じることもあるサイズです。

 

横になるだけだと問題ないのですが、左右にスペースが15cmほどしかないため、寝返りをうつことも考慮に入れるとセミシングルは小さいと感じるかもしれません。

 

一人暮らし以外には、2台を並べて使うのが主流です。

ご夫婦で並べて使用することで、160cmのクイーンサイズのベッドと同サイズとなります。

 

セミシングルベッド商品はこちら

 

シングルベッド (サイズ表記:S)

最も一般的なサイズとして幅広く利用 一人暮らし用 子供部屋のベッド

 

最も一般的なサイズとして使用されており、日本の住居でも多い6畳のお部屋にピッタリのサイズです。

 

ベッドの占める割合は部屋の約1/3〜1/4程度です。

横になると左右に20〜25cm程度の余裕があるベッドですので寝返りもできます。

 

ただ、ゆったり眠りたい方や大柄な方では少し小さいと感じるかもしれませんので、その際は次に紹介するセミダブルサイズのベッドがおすすめです。

 

シングルベッド商品はこちら

 

 セミダブルベッド (サイズ表記:SD)

ゆとりをもって眠りたい方 体格のいい方

 

二人用ベッドというよりは、一人用で、広めでゆったり眠れるタイプのベッドとなっております。

左右に30cm程度ありますので寝返りも余裕をもってできます。

 

また、大の字で寝たいといった方や赤ちゃんと添寝をするといった方にもおすすめのサイズのベッドです。

 

 セミダブルベッド商品はこちら

 

ダブルベッド (サイズ表記:D)

一般的な二人用ベッドと思われがちだが・・・

 

ダブルベッドは2人で寝るには実は若干狭いサイズです。

シングルベッドに一人で寝るときよりも寝返りスペースが狭く、一緒に寝ている人の動きも気になるサイズです。

 

小さな方同士であればよいのですが、数日間ならまだしも毎日相手の動きが気になったり、逆に相手を気にして熟睡できないといったことにならないよう注意が必要です。

部屋のスペースなどの理由から、ダブルベッドを二人で使いたいという方には、少し工夫が必要です。

 

その際は、通常のマットレスではなく、ポケットコイルタイプのマットレスがおすすめです。

ポケットコイルマットレスは、コイルがひとつひとつが独立しているので、横揺れせず、隣の人の動きが伝わりにくいからです。

 

 ダブルベッド商品はこちら

 

クイーンベッド (サイズ表記:Q)

二人で寝るのにちょうどいいサイズ

 

クイーンベッドは二人で寝るのにゆとりがあるサイズのベッドです。

一人でシングルで寝るときよりは一人あたりのスペースは少し狭いのですが、それでも15〜20cm程度の空きスペースがあるので十分といっていいでしょう。

 

相手を感じながらゆったり眠れるちょうどいいサイズです。

 

また、部屋の広さに占めるベッドの割合も、日本の住空間に適しているサイズです。

クイーンサイズでは、マットレスも2つのタイプが多く、別々になっていることで相手の振動が自分に伝わらないのもメリットですので、新婚さんや同性のカップルなどには最適でおすすめのベッドです。

 

 クイーンベッド商品はこちら

 

キングベッド (サイズ表記:K)

ホテルのスイートルームで使われているサイズ 部屋の雰囲気を高めるベッド

 

キングサイズのベッドは、実際あまり取扱いが少ないです。

これほど大きいものは搬入できる経路や部屋も限られ、需要があまりないためです。そこで、実際には連結タイプのものがほとんどとなります。

 

ただ、この大きさのベッドは、ホテルのスイートルームでも採用されている通り、最高の寝心地で、大人二人でも悠々眠ることができ、小さなお子さんを含めて家族みんなで寝るといった子もできます。

 

最高の寝心地をお求めの方にはおすすめのサイズです。

 

 キングベッド商品はこちら

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ベッドの種類とサイズ表をご紹介させていただきました。

 

自分にあったサイズはシングルだと思っていた人でも、実際には「部屋が狭いからセミシングルでも大丈夫!」や、「自分は快適に眠りたいのでやっぱりセミダブルの方が合う」など、住空間や睡眠に占める満足度の割合によってサイズを見直してみても良いかもしれません。

 

また、ダブルベッドは二人用の一般的なサイズと誤認されていた方もいるかもしれません。

ベッドは購入した後は数年間使用するものですので、サイズやタイプはしっかり検討して、満足度の高いベッドを購入してください。

また、サイズ表は大きさが簡単にわかる表になっておりますのでぜひ活用してください。