折りたたみベッドのおすすめ7選!!狭い部屋の一人暮らしに最適

部屋が狭い。。。

部屋のスペースを有効に使いたい。。。

そんなあなたには折りたたみベッドがおすすめです!!

折りたたみベッドは、寝る時はベッドにして、日中は折りたたんで他のスペースとして有効に使うことができます。

部屋に友達や知人などをよく呼ぶ人にとっては部屋を有効に使えておすすめです。

今回はそんな折りたたみベッドのおすすめ7選をご紹介させていただきます。

折りたたみベッドのおすすめのポイントと選び方についてはこちらをご覧ください。

折りたたみベッドの選び方とメリット・デメリット
折りたたみベッドの購入を検討の方に、メリットとデメリット、また選び方をご紹介させていただきます。収納面で部屋のスペースを有効に使えるのはおすすめが、寝心地の良いものは少なく、満足度の高いベッドを購入するためには、どういったベッドを購入したいのかによって変わります。しっかり自分に合ったベッドをイメージして折りたたみベッドを探してみてください。きっといいものが見つかります。

折りたたみベッドのおすすめ7選

ではさっそく折りたたみベッドのおすすめ商品をみていきましょう。

天然木すのこ折りたたみベッド

まずご紹介するのは天然木すのこタイプの折りたたみベッドです。

天然木すのこタイプなので、通気性・防湿性に優れています。

布団を敷いたままワンタッチで折りたたみOK! コンパクトに収納できます。

ベッド脇アームにはウレタンを使用しており柔らかく、シンプルな構造の中にもこまかなこだわりのあるベッドです。

また、ストッパー付きのキャスターなので、移動もラクラク。掃除の際もカンタンに移動できるおすすめな折りたたみベッドです。

低反発折りたたみベッド

次にご紹介するのは、低反発タイプの折りたたみベッドです。

ゆっくり沈み込んでゆっくり戻る低反発マットレスを使用した折りたたみベッドで、寝心地にこだわる方におすすめです。

14段階のリクライニングでお好みの角度を調節してくつろぐことができます。

使わない時は当然折りたたんでコンパクトに収納できるタイプです。

折りたたむとサイズは約1/4と、コンパクトにできスペースを有効に使えます。

低反発マットレス折りたたみベッド【電動タイプ】

次にご紹介する折りたたみベッドは、電動タイプの低反発マットレスタイプです。

手元のリモコンでラクラク操作、無段階で角度を調整できる電動の操作!

マットレスは低反発で、ゆっくり沈み込んで体圧を分散。全身を包み込むようなソフトな寝心地を与えてくれます。

リモコンで角度調節
電動タイプは手元のリモコンで寝ながら角度調節ができます。


安全ネット付
電動タイプはマット下への入り込みを防ぐネット付。

組み立てが不要なため、届いたその日からお使いいただけます。

宮付きハイバック仕様折りたたみベッド

次にご紹介するのは、宮付きの折りたたみベッドです。

おしゃれな木製の宮棚がついており、小物も置けるのでベッド周りをスッキリ!

ハイバック仕様でゆったりリクライニングできる折りたたみベッドです。

極厚収納式電動リクライニングベッド 高反発スプリングマット

次にご紹介するのは極厚の約14cm高反発スプリングマットレスがついた電動の折りたたみベッドです。
まさに高級ベッドの寝心地、収納式電動リクライニングベッド。リモコンでお好みの角度に調節できます。

ボリューム折りたたみベッド

次は手すり付きの折りたたみベッドで、程よい高さのマットと、立ち座りの際にも便利な手すり付きです。

マット部分はボリュームのあるウレタンフォームが使用されており、体にフィットする寝心地のベッドです。

高反発マットレス使用 折りたたみベッド『Cortesia』

最後にご紹介するベッドは、高反発マットレスを使用した折りたたみベッド『Cortesia』です。

優れた弾力性を持つ高反発マットレスを贅沢に使用したタイプの折りたたみベッドで人気です。

女性でもカンタンに組み立てできる安心の設計!

リクライニングも14段階に調節できるので、好みの角度を調整できます。

折りたたんだ時もコンパクトにしまえ、部屋を有効に使えます。

高反発マットレス仕様なので、寝心地抜群です。

適度な跳ね返りがあり、寝返りもしっかり打てるタイプのマットレスでおすすめの折りたたみベッドです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

折りたたみベッドのおすすめをご紹介させていただきました。

折りたたみベッドにも安価で移動させやすいタイプや寝心地にこだわったタイプ、電動タイプなどいろいろありますので、ご自身に合ったタイプのベッドを見つけてみてください。

送料無料のおすすめ折りたたみベッド通販

スポンサーリンク