和室の畳にベッドをおしゃれに置く方法!コーディネート術を紹介!

和室がある家にお住まいの方は、和室をどのようにしてご使用しているでしょうか?

賃貸で和室のある部屋にお住まいの方は、寝室としてご使用される方も多いのではないでしょうか。

ベッドを置きたいけど、違和感が出るのでは。。。

とためらう方もいるかもしれません。

また、和室にベッドをおしゃれに置くのは無理だろう。。。

と諦めている方もいると思います。

そもそもベッドは洋風家具であり、洋室に置くものとして造られたものです。

しかし、安心してください!

最近は和モダンが人気となっており、自宅の和室にベッドを置いて、ちょっとおしゃれな和風の寝室を演出する人も増えてきております。

今回は、和室の畳にベッドをおしゃれに置くためのコーディネート法をご紹介させていただきます。

和室にベッドを置きたい人の理由

和室にベッドを置きたい人は多くなってきておりますが、その理由はバラバラでいくつかが考えられます。

  • 家の中の模様替えをして、気分転換したいけど、思い切って日当りの良い和室をベッドルームにしたいという方
  • 賃貸の部屋で、どうしても和室として使わなければいけない
  • 今まで和室に布団を敷いていたけど、年齢とともに起き上がるのが辛く、ベッドにしたい方

理由はそれぞれですが、和室にベッドを置くことは問題ないのですが、その際には気をつけておきたいこともあります。

和室にベッドを置くときの注意点:へこみ対策

和室にベッドを置く時に注意したいのが、畳への影響です。

畳に長い期間負荷をかけることで畳がヘコんでしまいますので、注意する必要があります。

ベッドは一般的に4本脚のタイプが一般的です。

脚が細いタイプのものは特に注意が必要で、あっという間に畳がヘコんでしまいますので、注意してください。

特に賃貸にお住まいの場合は、契約内容にもよりますが自己の負担で畳の交換になってしまうことがありますので特に気をつけたいですね。

ただ、畳の交換は貸し主側が負担するケースの方が多いです。

ただ、いずれにしてもお住まいの間はその畳とうまくつきあう方が良いので、ヘコみにくい方がよいですね。

そんなときは、ベッドを4本脚ではなく、全体で重さをサポートするタイプのベッドにしましょう。

また、和室にフローリングマットを敷き、その上にベッドを置くというのもおしゃれで効果的です。

コルクマットを敷くのも、イメージを崩さずおしゃれに演出できます。

和室の畳の雰囲気を残しておしゃれを演出したい場合は、ベッドの面積だけをフローリングにすることもできますので、お好みに合わせておしゃれな和室空間を演出してみてください。

フローリングマットと同じく、和室にウッドカーペットを敷くのもおしゃれでおすすめです。好きな大きさに切って、ベッドを億場所だけウッドカーペットを敷くだけなので、簡単に行なえます。

畳ベッドというのもいいですね。

和風な雰囲気を壊さず、和室をおしゃれに演出できます。

4万円以下で買える安い畳ベッド特集!!
格安の畳ベッド特集!【4万円以下】布団の寝心地を味わえるベッドをご紹介!畳ベッドのメリットは立ち座りが楽に行なえ、畳の香りが癒しを与えてくれる。また、布団も使えることとメリットがたっぷりです。小さな和室スペースも生まれ、畳ベッドはおすすめです。

和室に合うおしゃれなベッド

和室に合うベッドについても見ていきましょう。

  1. ベッドの高さ
  2. ベッドフレーム
  3. ベッドの色合い
  4. 素材

ベッドの高さ

まず、ベッドの高さについて考えてみましょう。

ベッドは低い方が和室には合います。

高さのあるベッドは和室にはあまり合わないのです。

畳の上に布団を敷いたようなイメージで、低いベッドを選ぶのがおしゃれな雰囲気を演出するのにおすすめです。

ベッドフレーム

また、和室に合う和風の雰囲気を演出することが大切です。

ベッドフレームも、メタル製やスチール製ではなく、おしゃれな和風の雰囲気を演出するならナチュラルな木製のベッドフレームが和室にはおすすめです。

カラー

カラーも重要です。

ベッドフレームやヘッドボードの色は、和室のイメージ、つまり畳のトーンに合わせるのがおしゃれになり、おすすめです。

木製のナチュラルなカラーが和室のイメージと合い、おしゃれを演出できます。

素材

大きめのすのこを置いて、木の素材を活かしながらマットレスを置くことがおすすめ。

ベッドを畳の上に置きっぱなしにしていると湿気も溜まってきますので、風通しやすいすのこは、おしゃれを演出するだけでなく、カビが生えにくく実用的です。

ナチュラルな木の色なので畳との相性もいいですよ。

また、マットレスだけ置いて、シーツをかぶせるというのも簡単だけど案外おしゃれな演出ができますよ。

シンプルで、値段もフレーム代がかからずおトクです。

カバーの色も白や黒など色味を感じさせないものか、緑や藍色、あずき色などの少しくすんだ渋めの色のカバーがおすすめです。

畳にマットレスを敷きたい方

和室の畳にマットレスを敷きたい方もいらっしゃいます。

基本的にはマットレスはベッドフレームに載せて使う物ですが、床の上に直接敷いて使うこともあります。

和室の畳の場合の使い方やポイントについてもご紹介させていただきます。

できるだけ通気性の良いマットレスを選ぶことがポイントです。

通気性の良いマットレスを選ぶ

和室の畳の上にマットレスを敷く際は、通気性の良いマットレスを選ぶことをおすすめします。

通気性が良いマットレスとしては、ボンネルコイルマットレスがおすすめ!

通気性の悪いマットレスだと、マットレスにたまった湿気が逃げず、敷いている畳の下に溜まってしまうため、その溜まった湿気が原因でカビが発生してしまう可能性があります。

マットレスを定期的に壁に立てかけて湿気を逃がしてあげたり、通気性の良いマットレスを選ぶようにしましょう。

軽量のマットレスを選ぶ

畳にマットレスを敷く際に注意することとしてもうひとつは、できるだけ軽量のマットレスを選ぶことも心がけてください。

マットレスが重く、敷きっぱなしにすることで畳に負担がかかり痛みやすくなります。

できるだけ軽量のマットレスを選ぶことをおすすめします。 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

和室に合うおしゃれなベッドのイメージはできましたでしょうか。

和室だからといってベッドを諦めるのはもったいないです。

あなただけの和室ならではのおしゃれな空間を演出してみてください。

和室に合わせやすいベッドも豊富に揃うベッド通販サイトはこちら

毎日の睡眠を高コスパベッドで快適に!

 送料無料で品揃え豊富なベッド通販

 

ベッドを変えることで、あなたの部屋が快適な空間に!寝心地が向上し、睡眠だけでなく日中の生活の質もグッと向上!

インターネット通販専門店ならではの低価格で高品質!!

流通コストを排除することで低価格高品質のベッドの販売を実現しました。

口コミ評価も高く安心の豊富な販売実績を誇るベッド通販専門店

Daily BED デイリーベッド 高コスパで安心の販売実績

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク