賃貸の和室の畳にベッドを置いても大丈夫??

和室の畳の上にベッドを置きたい!

しかし、畳にベッドって合わないのでは?

畳にベッド置くのは良くないのかなぁ?

などの不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

ベッドは置きたいけど畳がへこんでしまう。。。

賃貸なので畳をへこますわけにはいかない。。。

そんな方に、和室の畳の上にベッドは置けないのか?という点についてこれからご紹介させていただきます。

賃貸の方も多いと思いますので、賃貸の和室のケースとして書かせていただきますが、

当然、賃貸ではなく持ち家の方にも当てはまることばかりですのでご覧いただければと思います。

賃貸の和室の畳の上にベッドを置くには

畳の和室で寝る場合、どんなスタイルが思い浮かぶでしょうか?

やはり昔の日本ならではのスタイルで、畳の上に布団を敷くというイメージを持つのではないでしょうか。

当然このスタイルが一番合っているといえるでしょう。

和室の畳は、部屋の湿気をコントロールしたり、有害物質を吸収してくれる効果があります。

畳は古くから使われている伝統的な敷物で、湿度が高く、季節によって天候の変化が激しい日本に合っており長く使われております。

畳は自然の空気清浄機と言われるほどです。

しかし、そんな畳ですが、実は布団を敷きっぱなしにしておいた場合は、畳に湿気が溜まってしまい、カビが生えやすい環境となってしまいます。

毎日布団を畳んでいれば問題ないのですが、毎日畳まない方に取っては、カビなどを防ぐという面で、ベッドを和室の畳の上に置くというのは実はおすすめなのです。

畳ベッドは布団の寝心地のまま寝起きがラクでおすすめ!【起き上がりがツラい方に!】
畳ベッドの存在をご存知でしょうか? 畳ベッドは形状はベッドですが、床板が畳になっているタイプのベッドです。 いつもは布団で寝ており、...

賃貸の和室の畳の上にベッドを置く際の注意事項

ただ、畳の上にベッドを置くことで注意しておくことがあります。

畳にベッドの足の跡がついてしまう

賃貸にお住まいの方であれば、この畳に付く跡によっても、退去時の費用が変わったりすることがあります。

ただ、跡が付かなくても畳は退去する際には交換が必須となっているケースも多いです。

畳の交換が必須かどうかは、実際の契約条件を見直してみると良いでしょう。

和室の畳がある部屋を賃貸で借りる時の注意点

賃貸マンションなどを選ぶ時、あなたはどのようなお部屋を選ぶでしょうか?

和室のある部屋を避けるという方も実際多いです。

しかし、畳がある和室が一室あるだけで、違った雰囲気を作り出すこともできます。

インテリアもお部屋に合わせて和のテイストを取り入れやすくなります。

また、収納も洋服などは収納しずらいですが、収納スペース自体は広いものが多く、畳の和室ならではの良さも沢山あります。

和室の畳にベッドをおしゃれに置く方法!コーディネート術を紹介!
和室の畳の部屋だからといってベッドを置くことを諦めていませんか?畳の上にもおしゃれにベッドを置くことができ、さらに和室ならではの和モダンな空間の演出までできるのです。そんなおしゃれなベッドについてご紹介させていただきます。

和室の畳におしゃれにベッドを置く方法

では、和室に置くベッドはどんなベッドが良いのかをご紹介していきます。

和室の畳には、メタルラックやスチールのシェルフなどは合いません。

和室に合う家具は、ナチュラル系の家具が合わせやすいです。

家具と同様、ベッドもナチュラルな和風のイメージの木製

ベッドの大きさや高さについても、和室の畳に合う・合わないがあります。

大きなヘッドボードが付いたベッドを選ぶと、洋風なイメージが強くなってしまいます。

また、引き出し式の収納タイプもできれば避けた方が良いでしょう。

開け閉めしているうちに畳を痛めてしまうことがあります。

和室の畳におすすめのベッドは、ずばりフレームが木目調のタイプで、高さが低めのベッドです。

和室に2段ベッドやロフトベッドなどはどうでしょうか?合いませんよね。

和室の畳の上では、高さのあるベッドより低いベッドの方が合いやすいです。

和風のイメージに合わせやすく、寝心地も布団の高さに近く、安心して眠ることができます。

和室の雰囲気を損なわずにベッドを使いたいという方には畳ベッドもおすすめです。

畳ベッドは、ベッドの床板が畳になっているタイプのベッドです。

ベッドのデザイン自体が和テイストになっているものが大半で、和室の雰囲気そのままにベッドを使うことができます。

和室との相性を求める方にはおすすめ

また、すのこベッドもおすすめですよ。

風通しが良くなりますので、カビやダニの対策にもなります。

和室の畳にベッドを置く際に注意するポイント

  1. 畳がへこまないようにする
  2. 湿気やほこりに注意する
  3. ベッドを移動しにくいので設置場所に注意する

畳がへこまないようにする

ベッドには色々なタイプがありますが、和室の畳の上にベッドを置く時に気をつけるべきはベッドの脚です。

特に脚が細いタイプのものは要注意です。

ベッドの重さだけでなく、人間の体重をその脚で支えるため、ケアをしないとすぐに畳はへこんでしまいます。

賃貸にお住まいの方であれば、この畳に付く跡によっても、退去時の費用が変わったりすることがあります。

ただ、跡が付かなくても、畳は退去する際には交換が必須となっているケースも多いですので、その辺りは、実際の契約条件をチェックしてください。

しかし、その部屋に住んでいる限りは、その畳ともうまくつきあっていかないといけないので、いずれにしもて畳に跡は残したくないですよね。

そんな時には、コルクマットやジョイントマットを敷いて、その上にベッドを乗せるのも畳に跡を付けなくするのがポイントです。

例えば、コルクマットは軽くて加工しやすく、重ねることで厚みを出すこともできますので、便利なアイテムです。

ベッドの脚の部分に板を敷き、重みで脚が畳に沈み込むのを防ぐ良い方法となります。

他にも、厚みのあるジョイントマットを部屋全体に敷き詰めてしまうというのも良い方法です。

ジョイントマットを全体に敷くことは、汚れや防音などの面でもメリットとなりますのでおすすめです。

湿気やほこりに注意する

和室の畳にベッドを置く時、ほこりやカビに注意しましょう。

冬場などは、窓際にベッドを寄せてしまうと、ベッドと窓の間にある畳に湿気が溜まりカビが生えやすくなります。

ベッドと畳の間に湿気やほこりが溜まりやすく、その湿気からカビが生えやすくなってしまいます。

特に賃貸の場合だと、退去時のこともありますので、キレイに使っておきたいですよね。

一度カビが生えると、なかなかきれいに取り除けませんので注意が必要です。

ベッドを移動しにくいので設置場所に注意する

和室の畳にベッドを置く際、事前に位置はしっかりと考えた上で設置してください。

フローリングの上にベッドを置く場合は、ちょっと押せばベッド位置の移動も比較的容易に行なえます。

しかし、畳の上だとベッドを移動させるのは容易ではありません。

置くときはあらかじめベッド位置のコーディネートをしておきましょう。

一度置いてからずらしてしまうと畳を傷つける恐れがありますので要注意です。

また、ほこりも溜まりやすいので、壁にピッタリ付けないなど、ベッドを動かさなくても掃除がしやすい位置に配置するというのもポイントです。

畳にカビが生えてしまったときの除去方法

もし、畳のベッド下などにカビが生えてしまったときも慌てないでください。

カビの除去方法がありますので、ご紹介します。

まず最初に、カビがどこに生えているのかチェックしましょう。

カビが生えているところをチェック

ベッド周辺にカビが生えている場合は、他にもカビが生えている可能性がありますので、一度ベッドを移動させます。

ぞうきんで拭き取る

ベッドを移動させ、カビが生えているところをチェックしたら、次は、カビの生えている部分を硬く絞った雑巾で拭き取っていきます

消毒する

畳の表面のカビを取り除いたら、次は消毒用アルコールを水で薄めたものを軽くスプレーし、乾いた布で拭き取って消毒してください。

もし、濃いカビが畳に生えてしまっている場合には、重層とカビキラーなどの漂白剤を同量混ぜ、そこに少しずつ水を加え、ペースト状にします。

そのペーストしたものをカビの部分にだけ塗っていきましょう。

塗り終わったら濡れタオルで叩くようにして拭き取りましょう。

ペーストしたものは、カビの部分にだけ塗るようにしてください。

最後に、乾いたタオルで拭き取ることで、水分を早く取り除くことができます。

この作業を漂白剤の臭いが無くなるまで行ないます。

乾燥させる

全て終わったら、風通しを良くして乾燥させてください。

以上で、畳に生えたカビは除去できるはずですのでぜひ実践してみてください。

格安の畳ベッド特集!【4万円以下】布団の寝心地を味わえるベッド
格安の畳ベッド特集!【4万円以下】布団の寝心地を味わえるベッドをご紹介!畳ベッドのメリットは立ち座りが楽に行なえ、畳の香りが癒しを与えてくれる。また、布団も使えることとメリットがたっぷりです。小さな和室スペースも生まれ、畳ベッドはおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

和室の畳の上にもベッドが合うというのをおわかりいただけたのではないでしょうか。

和室の畳にベッドをおしゃれに置く方法!コーディネート術を紹介!
和室の畳の部屋だからといってベッドを置くことを諦めていませんか?畳の上にもおしゃれにベッドを置くことができ、さらに和室ならではの和モダンな空間の演出までできるのです。そんなおしゃれなベッドについてご紹介させていただきます。

賃貸の方も、退去時に畳の貼り替えが必須なのかどうかによっても扱い方が変わってきますので、一度契約内容を見直してみると良いでしょう。

和室の良さを活かしたベッドのコーディネートをしてみてはいかがでしょうか。

きっと快適な空間が演出できると思います。

ベッド通販サイトはこちら

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク