一人暮らしのベッドはセミダブルでも大丈夫!?後悔しないベッド選び

『一人暮らしでも、寝る時はひろびろグッスリ眠りたい!』

部屋のスペースに限りはあるけど、できれば寝る時はゆったりと眠りたいとお考えのあなた。

実際、一人暮らしでベッドを購入の際にベッドのサイズは迷うところです。

特に男性の場合は、体格の良い方に限らず、シングルサイズだと寝るのにちょっと狭いと感じてしまうサイズです。

ただ、寝ることだけを考えてセミダブルがいいと思っても、一人暮らしの部屋の広さとのバランスを考えると部屋が狭くなってしまうのでは。。。

と、一人暮らしを始める方などでそんな不安をお持ちの方も多いです。

そこで、今回は一人暮らしに使用するベッドはどのサイズが合うのかについてご紹介させていただきます。

大学生の一人暮らし ベッド選びのポイントとおすすめ【激安でおしゃれ!!】
大学生の一人暮らし ベッド選びのポイントとおすすめベッドをご紹介!激安でおしゃれなフロアベッドや脚付きマットレス、パイプベッドなどをご紹介!近い将来の引越しも視野に入れて選ぶのがおすすめです。

一人暮らしのベッドサイズ選びのポイント

では、まず始めに、一人暮らしでのベッドのサイズ選びにあたり、押さえておくポイントを4つ挙げましたのでみていきましょう。

  1. 部屋の広さ
  2. 価格
  3. 体格
  4. パートナーについて

一人暮らしの部屋の広さについて

一人暮らしの際に、お住まいになる部屋は、ワンルームや1Kの方が多いのではないでしょうか。

一人暮らしでは、多くの場合、リビングにベッドを置く形となります。

日常の生活をする部屋のスペースなので、気になりますよね。

セミダブルでゆったり寝たいという方に、まずチェックしていただきたいポイントは、部屋の広さがどれくらいあるかということです。

一般的には、6畳の部屋であればシングルベッドが無理なく配置できるのですが、一人暮らしの部屋にセミダブルベッドを置くと正直かなりのスペースが取られてしまい、通路も狭くなってしまいます。

セミダブルベッドを置いても通路や部屋のスペースが確保できるといわれいるのは、一般的に8畳以上と言われておりますので参考にしてください。

ただ、その部屋の広さについて、実際にはご自身がお持ちの荷物の多さにもよっても変わってきます

ミニマリズムという考え方が浸透してきており、自分はミニマリストで荷物が少ないという方であれば、一人暮らしの6畳の部屋でも、セミダブルのベッドを置くことは十分に可能です。

実際にはベッド以外にも、部屋に置く家具や荷物などもあります。

そのことを考慮にいれ、事前にレイアウトなども考えた上でベッドサイズを決めるのが良いでしょう。

事前にチェックしておくことが、ベッドを購入する上で失敗しないポイントとなりますので、意識してみてください。

狭い部屋のベッドでのおすすめは、スペースを有効に使える机付きのロフトベッド!
狭い部屋のベッドは、スペースを有効に使えるロフトベッドがおすすめ!一人暮らしを始める男性の体験談を元にロフトベッドのメリットをご紹介!家で仕事をする人には机付きロフトベッドもスペースを有効に使えます。

体格について

体格もベッドサイズを選ぶうえで重要なポイントとなります。

シングルベッドは一般的な一人用のベッドで、横になると左右に20〜25cm程度の余裕ができるサイズ。

寝返りも打つスペースがあるのですが、比較的大柄な方であれば少し小さいと感じてしまうサイズでもあります。

体格が良く、少し狭く感じるという方は、なるべくセミダブルを選んだ方が良いでしょう。

頑丈で丈夫なロフトベッドが欲しい!おすすめは極太パイプベッド
ロフトベッドが欲しいけど壊れたりしないか不安。大人の男性でそのように思う方も多いです。そこでおすすめが極太のパイプを使ったロフトベッドです。耐荷重が120kgできしみ対策もしたおすすめベッドをご紹介します。

価格について

セミダブルのベッドは、シングルに比べ、ベッドの料金は高くなってきます。

高くなるのはベッドそのものだけでなく、シーツやカバーの費用もシングルよりも高くなりますので、そのこともふまえて予算を立てておく必要があります。

意外とセミダブルのシーツやカバーはシングルに比べると高いものが多いので、事前にその辺りのこともチェックしておくことが後悔しないベッドサイズ選びのポイントとなります。

ニトリやIKEAのベッドよりも安い激安ベッド特集!!フロアベッド篇
ニトリやIKEAのベッドをお探しのあなた!!ニトリやIKEAのベッドもおすすめですが、激安・格安の価格が安いベッドをお求めであればベッド通販専門店もぜひチェックしてみてください!ニトリやIKEAに負けない激安ベッドも多数ありますので信頼のおけるベッド通販はオススメ!!

パートナーについて

ベッドは寝るだけの場所ではありません。

一人暮らしをしている方で、パートナーがいる方は、彼女(彼氏)が泊まりに来ることもあるでしょう。

また、いざという時、ベッドが広い方が一人暮らしの部屋に誘いやすいということもあり、セミダブルを選ぶ方もいらっしゃいます。

お気に入りの彼女(彼氏)を部屋に呼んだ時のことも想像してみてください。

その辺りのことも考えてサイズを選んでみると良いでしょう。

現在はパートナーはいないけど、『近い将来の彼女(彼氏)のためにセミダブルにする!』という方もいます。

逆に、『セミダブルベッドは彼女(彼氏)ができてから一緒に買うので、今はシングルでいい!』という方もいらっしゃいます。

サイズを選ぶ際はこの辺りも考慮に入れておいても良いでしょう。

一人暮らしのベッド選びのポイントまとめ

いかがでしたしょうか。

一人暮らしの部屋に合うベッドはセミダブルなのかシングルなのか見えてきましたか?

まだサイズを決めかねるという方は、実際の自分の部屋にベッドを置いたらどんな生活になるかを想像してみてください。

「ひとりでゆったりひろびろくつろいだイメージ。」

「彼女(彼氏)と一緒に寝たときのイメージ。」

「部屋全体に生活スペースをどれくらい取れるかのイメージ。」

あなたの部屋に置くべきサイズが見えてきたのではないでしょうか。

サイズを選ぶ際は、ご自身の体格・部屋の広さ・パートナーと一緒に寝るかをベースに考えてみてください。

シングルベッドはこちら

セミダブルベッドはこちら

まだどちらにしようか迷われている方も多いと思います。

そんなあなたには、次に、セミダブルベッド・シングルベッドの比較についてもみていきましょう。

一人暮らし男性の部屋におすすめなベッド
一人暮らしの男性でベッド選びに悩んでいる方もいるでしょう。一人暮らしの男性におすすめのベッドや選び方をご紹介します。 これから一人暮らしを始める方や、既に生活している人はぜひ参考にしてください。

シングルベッド・セミダブルベッド比較

シングルベッド・セミダブルベッド比較
シングルベッド 項目 セミダブルベッド
価格が抑えられる
部屋のスペース
洗濯しやすさ
就寝スペース
パートナーが来た時
マットレスの消耗

シングルベッドが優れているポイント

シングルサイズのベッドが優れているポイントとしては、価格面部屋のスペースが有効に使えることが大きなポイントです。

シングルサイズはセミダブルサイズと比べると20cm弱の差があります。

そんなに差がないと思われる方もいるかもしれませんが、一人暮らしのワンルームや1Kのお部屋であればこの20cm程度の幅が大きく影響してくるのです。

また、価格面についても先ほど記載させていただいた通り、ベッドだけではなくカバーなども含めると安く済ませることができます。

セミダブルベッドが優れているポイント

逆にセミダブルのベッドが優れているポイントは、ベッド自体の広さですね。

寝返りのことも考えるとしっかりそのスペースを取れるのは男性の場合セミダブルとなります。

先ほど部屋のスペースが20cm弱違うと書きましたが、その分就寝スペースが広がるということなのです。

寝心地を重視される方には大きなメリットです。

また、彼女が来た時にも窮屈でない程度にくっついて寝られるスペースですので、このあたりも男性の一人暮らしにとってはメリットとなりますね。

マットレスについても、寝るスペースが広く、寝る位置もぱらつきが出て、マットレスのへたりはシングルに比べて抑えることができるのです。

後悔しない一人暮らしのベッドタイプの選び方

ベッドのタイプも一人暮らしの場合は大きな要素を占めます。

決して広々した部屋ではないので、スペースを有効に使いたいですよね。

  • 収納付きベッド
  • フロアベッド/ローベッド
  • ロフトベッド
  • ソファーベッド
  • 折りたたみベッド

収納付きベッド

ベッド下に収納機能が付いたベッドです。

収納ベッドの中には、引き出し収納タイプや、タンスのようなBOX構造になったチェストベッド、床板が跳ね上がる跳ね上げ収納ベッドなどがあります。

ベッド下に収納スペースが取れるため、部屋にモノが多い方におすすめのベッドです。

見せる収納と隠す収納を使い分けることで、一人暮らしのおしゃれな部屋を演出できます。

収納ベッドをお求めの方はこちら

一人暮らしの物が多い男性におすすめのおしゃれな収納ベッド
一人暮らしのモノが多いとお悩みの方におすすめのおしゃれな収納ベッドをご紹介します。おしゃれなだけでなく、収納スペースにも優れており、物をしっかり隠してくれ、スッキリした空間を演出してくれます。ガス圧式跳ね上げ収納ベッドはおすすめですのでぜひご覧ください。

フロアベッド/ローベッド

フロアベッドやローベッドは、ベッド高が低いタイプのベッドです。

収納スペースはないのですが、ベッド高が低いので部屋のスペースが広々感じられる効果があります。

フロアベッド/ローベッドをお求めの方はこちら

フロアベッドをスチール製にしておしゃれなモテ部屋に!!
フロアベッドの購入を検討している方に、スチール製のベッドをおすすめします。おしゃれなモテ部屋にはそのすっきりクールな印象が部屋をスタイリッシュに引き締めてくれます。開放感も与えてくれ、スチール製のフロアベッドはおすすめです。ぜひご覧ください。

ロフトベッド

ロフトベッドはベッド部分がロフトタイプになっており、ロフトの下を有効に使えます。

机を置いたりソファーを置いたり、また収納スペースとして使ったりとご自身の好みに合わせてレイアウトをすることができます。

ロフトベッドをお求めの方はこちら

デスク付きロフトベッドは自宅でパソコン作業したい方におすすめ!
ロフトベッドのデスク付きはパソコン作業や勉強・読書にピッタリでおすすめです。机の幅も広く2人並んで作業することも可能、高さも調節でき、作業に行き詰まった時の気分転換に高さを変えることも!デスク付きロフトベッドは機能性で便利ですのでぜひご覧ください。

ソファーベッド

ソファーベッドは、日中はソファーとして使い、夜はベッドとして使うことができる機能的なベッドです。

部屋にソファーを置きたいけどベッドとソファーが置けないという方にはおすすめです。

部屋のスペースが狭い方におすすめで、寝るときに広々とスペースを取れるソファーベッドを選ぶのも良いでしょう。

来客が多い方にもおすすめのベッドです。

ソファーベッドをお求めの方はこちら

ソファーベッドのおしゃれな部屋実例集!!
ソファーベッドのおしゃれなお部屋実例集!!一人暮らしのおしゃれなお部屋の事例をご紹介!狭い部屋にもソファーベッドを有効に使うことですっきりおしゃれな部屋にすることができます!おすすめのおしゃれなソファーベッドもご案内。ぜひご覧ください。

折りたたみベッド

折りたたみベッドもソファーベッド同様に日中は折りたたむことでスペースを有効に使えるベッドです。

ベッドのタイプにもいろいろありますので、ご自身の部屋の広さやモノの多さにより、自分に合ったものを選ぶのが良いでしょう。

折りたたみベッドをお求めの方はこちら

折りたたみベッドのおすすめ7選!!狭い部屋の一人暮らしに最適
折りたたみベッドをお求めの方へ、おすすめ商品7選をご紹介!寝る時はベッドに、日中は折りたたんで部屋を有効に使えます。寝心地にこだわった折りたたみベッドや移動がラクにできるタイプなど様々ですのでぜひご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

男性の一人暮らしの場合、一概に「セミダブルがいい」や「シングルベッドがいい」等の判断は難しいところです。

部屋の広さや体格、彼女の有無などによってご自身に合うサイズのベッドを選んでみてください。

『一人暮らしにセミダブルのベッドでも大丈夫か?』

と心配な方は、部屋のスペースのどこにベッドを配置し、また、他の家具や物をどこに置くのかを事前にイメージしてみてください。

実際に図面に書いてみるのも良いでしょう。

ベッドの配置や部屋のスペースをイメージしやすくなるのでおすすめの方法です。

実際にイメージしておくことが失敗しないベッドの選び方にもつながります。

ぜひ意識してみてください。

一人暮らしに合うベッドが豊富に揃うこちらのベッド通販サイトもご覧ください。

毎日の睡眠を高コスパベッドで快適に!

 送料無料で品揃え豊富なベッド通販

 

ベッドを変えることで、あなたの部屋が快適な空間に!寝心地が向上し、睡眠だけでなく日中の生活の質もグッと向上!

インターネット通販専門店ならではの低価格で高品質!!

流通コストを排除することで低価格高品質のベッドの販売を実現しました。

口コミ評価も高く安心の豊富な販売実績を誇るベッド通販専門店

Daily BED デイリーベッド 高コスパで安心の販売実績

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク