ベッドの色の選び方 カラーごとの特徴をご紹介

ベッドを購入する際、あなたはまず何を基準に選ぶでしょうか?

多いのは、まず、シングルやダブルなどのサイズから選ぶか、

収納ベッド・ロフトベッドなどのベッドタイプから選ぶ方が多いでしょう。

実際、ご自身のお住まいの状況やお財布事情もありますので、

このような要素からまず選んでいくのが一般的です。

ただ、インテリアをコーディネートするにあたり、

ベッドやベッドカバーの色を先に決めたいという方も多くいらっしゃいます。

そこで、こちらでは、ベッドやベッドカバーの色の選び方や組み合わせについてご紹介させていただきます。

ベッド・ベッドカバーの色ごとの特徴

それではまず、色ごとの特徴をみていきましょう。

ダークブラウン 茶色

ダークブラウンはベッドやベッドカバーの中でも一番といっても良いほど人気のカラーです。

ウォールナットを意識した木目タイプが多く、インテリアにも合わせやすい色です。落ち着いた暗めの色で寝室としても最適です。

また、茶色は気持ちをのんびりとリラックスさせてくれる色でもあります。

ウォルナットブラウンのベッドは激安でもおしゃれと高級感を演出!!
ウォルナットブラウンのベッドは激安でもおしゃれと高級感を与えてくれます。どんな部屋にも合わせやすくおすすめです。ウォールナット材はおすすめですが金額が高いという方はウォルナットブラウンのベッドを選んでみてはいかがでしょうか。

ナチュラル 明るい茶色

ナチュラルな明るいブラウンも、ダークブラウン同様インテリアにも合わせやすく人気のカラーです。

部屋にナチュラルなやさしい雰囲気を演出し、リラックスできる空間となります。

また、観葉植物などのグリーンとも合わせやすく、より自然を感じられるカラーです。

また、黒やダークブラウンのような重厚さはなく、明るく軽やかな印象を与えてくれます。

ブラック 黒

ブラックは無彩色なので、どんなインテリアにでも違和感がなく合わせやすいカラーです。

男性に好まれるカラーで、寝室に高級感を与えてくれます。

インテリアと合わせることでその高級感や重厚感が増します。

黒い部屋の事例とおすすめポイント【ベッドや部屋を黒にしたい!!】
ベッドや部屋を黒にしたい方に、参考の事例と黒い部屋にする際のポイントもご紹介!ベッドも種類や素材によってイメージが変わります。シックでモダンな印象を与えてくれますが注意点もありますのでぜひご覧ください。

ホワイト 白

逆に白いベッドやベッドカバーは女性に特に人気です。

白も黒同様に無彩色ですので、どんなお部屋にも合わせやすい色です。

インテリアにも合わせやすいですね。

清潔感を演出できる色です。

また、白は膨張色でもあり、狭いお部屋でも広く見せてくれる効果があります。

白いベッドはかわいいだけじゃないメリットが!!【女子部屋におすすめ】
白いベッドは清潔感があり部屋を広々感じさせる効果があります。かわいい部屋にしたい女性におすすめ!白い収納ベッドやチェストベッドなど高さのあるものでもスッキリしたイメージとなります。ぜひご覧ください。

その他の色

青は鎮静作用があり、気持ちを落ち着かせ眠りに入りやすくさせてくれる色です。

緑色のベッドやベッドカバーは、リラックスカラーと呼ばれており、副交感神経に働きかけ、興奮を抑えてくれる作用があります。

血圧を下げる効果もある色です。

この辺りは寝る時に使うベッドですので、鎮静色といわれる色で、使用をおすすめしたい色なのですが、逆におすすめできない色もあります。

おすすめできない色は、興奮色です。

赤やオレンジが興奮色にあたり、人を元気にしてくれる色なのです。

人を元気にしてくれる色なので、通常であれば歓迎したい色なのですが、使用するのが寝室ですので、興奮して眠れなくなってしまっては本来の役割を果たせないですよね。

色は好みで選べばいいとお思いの方もいると思いますが、寝室で使う色としては役割を理解して選ぶことが快眠へとつながります

また、もう一つポイントとしては、寝室の色は3色以内で抑えることも大事です。

部屋が何色もの色に囲まれていると気持ちが落ち着かず、リラックスできず、安眠することが難しいからです。

基本を床や壁の色と合わせ、差し色としてもう一色使うぐらいのイメージでコーディネートすることで、安眠しやすい環境を作ることができます。

色がもたらす役割

五感から得られる情報量のうち、実に8割が視覚から入ってくる情報だと言われております。ですので、色が人の心身状態に大きな影響を与えるのです。

特に寝室は毎日の睡眠の質に関わる大きな要素です。

寝室のカラーコーディネートを意識して行なうことで睡眠だけでなく、普段の健康や気分、仕事の効率などにも影響を及ぼすほどの影響力です。

また、十分な睡眠を取ることで成長ホルモンが分泌され、より健康状態を保つこともできます。

ベッドやマットレスは快眠をサポートするのに大きな要素を占めておりますが、寝室のカラーリングも同様に快眠には大きな要素となるのです。

ベッドの色による風水の効果 
ベッドを購入する際、風水を気にされる方も多いでしょう。そこで、風水に良いベッドの素材やカバーの色似ついてご紹介させていただきます。せっかく購入するのであれば風水にも良いものがいいですよね。色も意識して検討してみてください。

床の色に合わせたコーディネート

インテリアの基本として、「床や家具とカーテンと色をまとめる」「家具は床の色に合わせると失敗しない」と良くいわれています。

そこで、床の色に合うベッドや家具の色についてもご紹介させていただきます。

ダークブラウンの床の場合

ダークブラウンの床の場合に選択する色としては、

ブラウン系の暗い色にしてムーディーな雰囲気をにする

重厚感を出すのにおすすめです。

ただ、暗い色で統一することで部屋が狭く感じてしまいますので、家具の取り付け方や脚のデザインなど、部屋を狭く見せにくくする工夫をすることが、部屋を狭く見せずに重厚感を醸し出すポイントです。

ホワイト・ベージュ・アイボリーなどの明るい色のベッドや家具を選ぶ

床が暗めの色でしまって見えるので、家具やベッドを明るい色にすることで部屋を広く見せる効果があります。

部屋を広く軽やかな雰囲気にする際は明るめの色がおすすめです。

ナチュラルな床の場合

ナチュラルな床は、明るくやさしい雰囲気と温もりを感じることができます。

選択する色としては、

ホワイト系の家具やベッドを選ぶ

床と家具やベッドを白っぽい色で統一することで広々と開放感のある部屋の雰囲気作りができます。

ベージュ・アイボリー・グレー系

ベージュやアイボリーなどの木を連想させる色は、ナチュラル系の床と合わせることで暖かさが増します。

グレー系は、モダンでおしゃれな印象を与えてくれます。

茶色の家具やベッドを選ぶ

ナチュラルな床に木のイメージの茶色を選ぶことで、よりナチュラルで暖かい印象を与えてくれます。

おしゃれ部屋には色使いがポイント!カラーコーディネイト術
おしゃれな部屋にしたい!そんなあなたにおしゃれ部屋を作る色使いのコツをご紹介!カラーコーディネイト術がポイントとなりますので、ベースカラー・メインカラー・アクセントカラーを意識しましょう。色による部屋の雰囲気もご紹介。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ベッドやベッドカバーを選ぶのにはいろいろな選び方がありますが、色もしっかり意識して選ぶことで部屋の雰囲気が変わるだけでなく、毎日の睡眠にも大きく影響してきます。

ベッドは一度購入すると色を変えるのは難しいですが、ベッドカバーであれば簡単にお部屋の印象を変えることも可能です。

睡眠は毎日の生活を快適で健康にする大きな要素ですので、しっかり検討して満足できるものをお選びください。

ベッドの種類が多くカラーバリエーションも豊富で送料無料のベッド通販サイトはこちら

毎日の睡眠を高コスパベッドで快適に!

 送料無料で品揃え豊富なベッド通販

 

ベッドを変えることで、あなたの部屋が快適な空間に!寝心地が向上し、睡眠だけでなく日中の生活の質もグッと向上!

インターネット通販専門店ならではの低価格で高品質!!

流通コストを排除することで低価格高品質のベッドの販売を実現しました。

口コミ評価も高く安心の豊富な販売実績を誇るベッド通販専門店

Daily BED デイリーベッド 高コスパで安心の販売実績

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク