狭い部屋にベッドを置きたい!そんなときの工夫とコツ

ベッドは住まいの中で最も床面積をとる家具です。

はじめての一人暮らしをはじめて、自分だけの快適空間をつくろう!と意気込んでも、部屋が狭くて、自分の好きなベッドが置けない。。。と諦めている方もいると思います。

しかし、部屋は狭くてもベッドの種類や置き方などの工夫やコツでベッドを置くことは可能です。

また、ベッドだけではなく、机も置きたいという方も多いと思いますが、そんな時には工夫が必要で、ベッドと机を置きつつも快適な部屋のスペースは確保したいものですよね。

そこで、こちらでは、狭い部屋にベッドを置くときの工夫とコツをご紹介させていただきます。

6畳の狭い部屋にはロフトベッドでスペースを活かした部屋に!
6畳の狭い部屋に暮らす大学生の体験談を元にスペースの有効な使い方をご紹介させていただきます。狭い部屋にはロフトベッドが有効です。ぜひ参考にしてみてください。

狭い部屋でのベッド選びの注意点

部屋が狭いと、ついつい自分の寝心地よりもベッドのサイズを優先させて選びがちです。

しかし、部屋が狭いからといって無理に小さめのベッドを選ぶことはよくないです。

せっかくベッドを購入したのに窮屈で寝づらければ意味がないのです。

無理に体に合わない小さめのベッドを選んでしまうと、部屋が狭くなるばかりか、寝るときも窮屈で寝心地が悪いと、生活面・睡眠面のどちらにも不満が募ってしまいます。

体格のいい人が無理にセミシングルにすると、寝にくくなり寝心地が悪くなってしまいますので、部屋の広さとご自身の体格を考慮し、サイズを決めるのが良いでしょう。

その際、どうしても部屋の広さと体型が合わないようならベッドの購入を諦め、布団にするのも一つの手です。

ただ、どうしてもベッドで寝たいという方でも安心してください!

昼間は収納したり、ソファにすることでスペースを確保できる折りたたみベッドや、ソファベッドも豊富にありますので、そちらで対応のできるのであれば、折りたたみベッドやソファベッドをおすすめします。

目的は、あくまでベッドで快適に寝ることですので、間違っても部屋の広さだけでサイズを選んではいけません。その点を注意して、ベッドを選んでいただければと思います。

折りたたみベッドをお求めの方はこちら

ソファベッドをお求めの方はこちら

狭い部屋の一人暮らしにはソファーベッドがおすすめ!
狭い部屋の一人暮らしは、スペースがなかなか取れないもの。そんな狭い部屋にはソファーベッドがおすすめです。日中はソファー、夜寝る時にはベッドとして使えおすすめです。狭い部屋に合うおすすめのソファーベッドもご紹介!

狭い部屋に合うベッドとは

では、狭い部屋に合うベッドはどんなベッドなのかいきましょう。

  • 小さめのベッドでなるべく部屋のスペースを確保する
  • 収納できるベッドで、収納スペースを確保する
  • 昼と夜で使い分ける

大きくはこの3点となります。それぞれについてみていきましょう。

小さめのベッドでなるべく部屋のスペースを確保する

こちらは先ほども欠かせていただきましたが、あくまで窮屈でない程度で、小さめのサイズを選ぶということです。

6畳のお部屋の場合で考えますと、一般的に部屋の広さは約10㎡(270×360cm)です。

一方、ベッドの大きさは、下記となります。

  • セミシングル 80×195cm
  • シングル   97×195cm
  • セミダブル  120×195cm
  • ダブル    140×195cm

この他、2人がけのソファだと約1畳程度、机も約1畳程度の大きさとなりますので、セミダブルやダブルだとかなりスペースを取られてしまいますので注意が必要です。

また、いずれも長さは195cmなのですが、背がそんなに高くない方であれば、ショートサイズのコンパクトベッドもありますので、そちらでも問題ないのであればショートベッドをおすすめします。

通常サイズが195cmに比べ、ショートベッドは180cmぐらいです。15cmとは言え、狭いお部屋の中ではかなり有効に使うことができます。

ショートサイズのコンパクトベッドをお求めの方はこちら

サイズがあうならセミシングル&ショートベッドがおすすめですが、自分の体型に合わせてお選びください。

コンパクトなショート丈ベッド 小さめベッドがちょうどいい!!
コンパクトなショート丈の短いベッドや女性や子どもにおすすめのベッドです。小さいサイズで狭いワンルームや1Kの部屋にもピッタリのサイズです。かわいいデザインも多いのでぜひコンパクトなショート丈のベッドをご覧ください。

収納できるベッドで収納スペースを確保する

収納できるベッドにはいくつかのタイプがあります。

  • 収納ベッド・チェストベッド
  • ロフトベッド

収納ベッド・チェストベッドの場合

部屋の面積が狭くなってしまう理由は、ベッドや机・ソファなどの大型家具だけではなく、収納スペースも多いな要因の一つです。

そこで、ベッドの下を有効に使える収納ベッドやチェストベッドがおすすめになります。衣類や、掃除機・カーペットなどの長物もすっぽり入るものもたくさんありますので、収納ベッドやチェストベッドは有効に使えます。

ただ、引き出しタイプのもの引き出す際のスペースの確保も必要となりますので、ベッドのどちらかを開けておくことと、収納ベッドの引き出しがどちらについているのかも事前に確認しておいてください。ただ、左右どちらでも引き出せるタイプが多いので、実際に配置する際に調整しても良いと思います。

ベッドの左右どちらにも開けるスペースがないという方には、ガス圧跳ね上げベッドもあります。

こちらはガス圧なので女性でも簡単に引き上げることができます。こちらであれば丈夫に開くため左右のスペースを空けておく必要がありません。

ただ、お値段が少し高めですので、ご自身に合うものを選んでください。

収納ベッドをお求めの方はこちら

チェストベッドをお求めの方はこちら

一人暮らしのベッド選び!最適なサイズやおすすめタイプは?
一人暮らしに最適なベッドのおすすめサイズをご紹介します。コンパクトなセミシングルに、シングルサイズ、セミダブル、ご自身の体格や部屋の広さにより変わります。また、スペースを有効に使うためロフト・ソファ・折りたたみベッドを選択することもおすすめです。ぜひご覧下さい。
ロフトベッドの場合

ロフトベッドは、部屋の空間を有効に使うことができます。高さには種類があり、高いタイプのものであれば、下のスペースにソファやテレビ・机を置くことができるため、スペースはかなり有効に使えます。

ただ、注意点としましては、寝る際に天井が近く、圧迫感を受けることです。このあたりは、個人の感覚ですので、気にならない方にとっては問題ありません。

ロフトベッドの下にカーテンが付いて、クローゼットになるタイプもあります。こちらは見た目もおしゃれで収納もカーテンで隠せるため、ロフトベッドの中でもかなり人気のタイプとなります。

カーテン・ハンガー付きロフトベッド

また、高さがそれほどないロフトベッドもあります。

こちらは、収納ベッドに近い感覚で、ベッドの下の部分を収納スペースとして有効に使えます。

ロフトベッドは高さが選べるタイプもありますので、収納の多さに合わせて選ぶのが良いでしょう。

ロフトベッドをお求めの方はこちら

6畳の狭い部屋にはロフトベッドでスペースを活かした部屋に!
6畳の狭い部屋に暮らす大学生の体験談を元にスペースの有効な使い方をご紹介させていただきます。狭い部屋にはロフトベッドが有効です。ぜひ参考にしてみてください。

昼と夜で使い分ける

こちらは、折りたたみベッドやソファーベッドが当てはまります。

ソファーも置きたいけど、ベッドとソファーの両方を置くのは難しい・・・。そんな時にはソファーベッドがおすすめです。

昼間、来客や一人でくつろぎたいときはソファーとして活用し、夜寝る時にはベッドとして使えますので、スペースが有効に使えます。

ただ、注意点としましては、ベッド自体の寝心地があまり良くないということです。

可動性が良いのですが、その分、マットレスは簡易なので、寝心地を重視する方にはあまりお勧めできません。

また、もう一点、実際に生活してみると実感する方も多いのですが、ソファーにすることがあまりなく、大半をベッドのままにしてしまっているということです。

ベッドとしてもソファーとしても、単体のものよりは簡易なので、両方快適に使える訳ではありませんので、その辺りは考慮の上で選ぶのが良いでしょう。

折りたたみベッドについてもソファーベッドと同様、マットレスが簡易なタイプで寝心地はあまり良くありません。

折りたたみベッドをお求めの方はこちら

ソファーベッドをお求めの方はこちら

狭い部屋でベッドを置く際のポイント

狭い部屋に住む際には、ベッドを置く前にも考えておかないといけないポイントがあります。

物理的に狭い部屋でどうやって過ごすのか、レイアウトを事前に考えておきましょう。

狭い部屋のインテリア 広く見せるベッドのコツ
ワンルームや1Kの狭い部屋にお住まいの方に、部屋を広く見せるベッドのコツをご紹介します。インテリアや家具をどうするか、また配置によっても部屋が広く見えます。また、収納付きのベッドや収納できる家具も有効に活用して部屋をなるべく広く快適な空間にしましょう。

ベッドを含めた部屋のレイアウトを考える

狭い部屋という制限がある中で、『窓際は寒くてイヤ・・・』『北枕は縁起が悪い・・・』などいくつもの要素の中も含めてレイアウトしてしまうと結局導線が悪く使いづらい部屋になってしまいます。

部屋を快適に過ごすためのレイアウトを考えることも非常に重要となってきます。

ベッドをまたがないと部屋の奥に移動できなかったりすると、狭い部屋の中でもデッドスペースが生まれ、狭い部屋がますます使いづらく狭い部屋になってしまいます。

狭い部屋に住む際はなるべく空間を有効に使えるレイアウトや収納を行なうことが重要ですので、ベッドを置く前にレイアウトを考え、どんなベッドを置くことで部屋のスペースを有効に使えるかも考えておくと良いでしょう。

狭い部屋でもすっきり楽しく暮らす一人暮らしの4つのコツ
狭い部屋でもすっきり楽しく暮らしたい!そんなあなたに一人暮らしの4つのコツをご紹介させていただきます。快適な空間づくりをしたい一人暮らしの方必見です!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

狭い部屋でも十分にベッドを置くことは可能です。

寝心地については、ご自身がどこまでこだわるかによって、ソファベッドや折りたたみベッドでも良いとは思いますが、寝心地を重視する方には、収納ベッドチェストベッドガス圧跳ね上げ収納ベッドをおすすめします。

ぜひあなたに合ったベッドを探してみてください。

狭い部屋にもピッタリ!種類も豊富に揃う送料無料のベッド通販サイトはこちら

毎日の睡眠を高コスパベッドで快適に!

 送料無料で品揃え豊富なベッド通販

 

ベッドを変えることで、あなたの部屋が快適な空間に!寝心地が向上し、睡眠だけでなく日中の生活の質もグッと向上!

インターネット通販専門店ならではの低価格で高品質!!

流通コストを排除することで低価格高品質のベッドの販売を実現しました。

口コミ評価も高く安心の豊富な販売実績を誇るベッド通販専門店

Daily BED デイリーベッド 高コスパで安心の販売実績

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク