「お姫様ベッド」一覧

お姫様ベッドに憧れる女性は多く、人気のベッドです。

一人暮らしの部屋を姫系インテリアで統一し、お姫様気分を満喫してください。

お姫様ベッドの特徴

お姫様ベッドは絵本やアニメ、ドラマでも目にすることが多く、小さなお子様から大人の女性まで、幅広く人気のベッドです。

お姫様ベッドは、多くの商品がアイアンで作られたものが多いのですが、最近では木のフレームの商品もみられるようになってきております。

 

ゴージャスなタイプのものから激安なものまで様々。

仕様もしっかりチェックしておかないと、かわいいけどすぐに壊れてしまったということになってしまいますので、じっくりチェックすることをおすすめします。

 

まるで絵本やおとぎ話のお姫様のような気分を味わえる天蓋が付いたタイプや、ねこ脚タイプのチェスト、シャンデリアなど、他のインテリアとも合わせてお部屋をお姫様気分で埋め尽くすのもおすすめ。

 

天蓋付きお姫様ベッド

お姫様ベッドには、天蓋がついたゴージャスでかわいいものが多いです。

 

天蓋付きベッドのルーツ

天蓋付きベッドは、中世ヨーロッパ時代に登場し、当時の上流階級におていは、寝室という概念がなく、寝室が他の部屋と区別されておりませんでした。

 

その当時に、寝室として区切りをしたり、すきま風を防ぐ役割として、天井から吊るされるカーテンの天蓋ができ他と言われています。

上流階級の建物は天井が高く、高いところのほこりも相当な量だったようです。

 

そのほこりがベッドに落ちてこないように天蓋付きベッドが作られました。

それにデザインが加えられ、現在のような豪華なベッドとなっていったのです。

 

天蓋付きベッドのメリット

天蓋があることで見た目がかわいくゴージャスになるのですが、デザイン面だけではなく、実用面としてもメリットはあります。

  1. 冷暖房の直風を避けられる
  2. 外部の明かりや照明が和らぐ
  3. 虫除け(蚊帳の効果)

天蓋の中に入ったことのない方も多いと思いますが、そのメリットは見た目だけじゃなく、実用面でも女性にやさしいベッドです。

まさにお姫様感覚で天蓋があなたをやさしく包んでくれることでしょう。

 

天蓋付きベッドのデメリット

デメリットもあるので事前にチェックしておきましょう

  1. 洗濯がしにくい
  2. 狭い部屋の場合、圧迫感を与えてしまう
  3. 部屋全体のデザインの統一感が必要

 

天蓋はその大きさですので洗濯がしにくいです。

 

事前に素材をチェックし、クリーニングなどできるのかのチェックをしてください。

せっかくかわいくゴージャスなものとして取り入れた天蓋も汚くなってしまっては元も子もないです。

 

また、狭い部屋にむりやり天蓋付きベッドを置いてしまうとかなりの圧迫感が出てしまいます。

狭い部屋には基本的に背の低い家具やベッドを置く方が部屋は広く感じられますので、ゴージャス感をだすならぜひ広い寝室で実践してみてください。

 

また、ベッドだけお姫様デザインにしても、他のインテリアと合わせないとなんだかベッドだけ浮いているという状態になってしまいます。

お部屋の雰囲気もお姫様グッズで取り囲むことで部屋の雰囲気は一気に変わりますので、ベッドの導入を機に、インテリアを全て姫系のものにすることもおすすめです。

 

子どもの頃、天蓋付きのお姫様ベッドで寝てみたい!そんな夢を持っていた方も多いと思います。

 

いつかはお姫様ベッドで寝てみたいと思いながら実現せず、たまに映画などでお姫様ベッドが出てきて、忘れかけていた小さい頃のあこがれを思い出し、お姫様ベッドを気になっている方も多いとおもいます。

 

まだまだそんなお姫様ベッドで寝るという夢はかなえられますので、ぜひ一度そんなベッドで眠ってみてはいかがでしょうか。

年齢が経つにつれ、自分には合わないと思ってしまうかもしれませんが、今ならまだ間に合うと思います。これが10年後20年後ならなかなかかな和なくなってしまいます。

 

お姫様感覚で眠るすばらしさを是非一度味わってみてください。

 

姫系ベッドはかわいいシーツや布団カバーで可愛らしさをプラス

姫系ベッドには、ぴったりなキュートでエレガントなベッドカバーを合わせましょう。

 

普通のベッドにも、手軽にお姫様気分を味わうなら、かわいい柄の布団カバーがおすすめ。

かわいい花柄やピンクのベッドカバーだけでもしっかりお姫様気分が味わえます。

シンプルなレースをあしらった布団カバーは、エレガントなイメージを演出してくれます。