「折りたたみベッド」一覧

折りたたみベッドは、使わないときは折りたたんで収納できるタイプです。

日中は折りたたんでスペースを有効に使えるため、部屋が狭い方や、来客が多い方にはおすすめのベッドです。

折りたたみベッドの特徴

折りたたみベッドとは、必要に応じて折りたたんで収納できるタイプのベッド。

 

収納スペースをなるべく小さくするためにベッドを縦に二つに折りたたむことができ、立てて収納するタイプのもや、マットレスを折りたたんで日中はソファとして使うタイプのベッドなどがあります。

 

ボンネルコイルマットレスやポケットコイルマットレスを使うタイプのベッドに比べては簡易な作りが多く、寝心地自体は一般的なベッドに比べて劣るものが多いのです。

 

しかし、最近では寝心地を重視した低反発マットレスを使ったものや高反発マットレスを採用したベッドもありますので、寝心地を重視したい方でも使用できるベッドが増えてきております。

 

また、介護用にも使える電動リクライニング機能の付いた折りたたみベッドも人気のベッドです。

 

来客用のストックとしてご使用される方も多いと思いますが、寝心地にこだわったものであれば日常使いとしても使用できます。

フレームは移動性をふまえ、スチール製のベッドが多いです。

 

ベッドの折りたたみに付いても、バネが付いているものや手を挟まないための安全機能がついたものもありますので、女性でも簡単に折りたたんで収納することができます。

 

折りたたみベッドのおすすめポイント

折りたたみベッドのおすすめのポイントは、名前の通り、使用しない時には折りたたんで収納できることにあります。

 

折りたたんで立てて収納することで40cm程度になるので、部屋のスペースを有効に使うことができます。

 

また、キャスターが付いているのも収納場所にしまったりベッドにする際には便利。

掃除の際も、通常のベッドであればなかなか掃除がしにくいベッドの下などでも、折りたたみベッドは移動させて掃除ができるため、ベッドまわりをキレイに保つことができます。

 

こまめに使い分けることで、折りたたみベッドのメリットやより利便性の良いものとなります。

 

折りたたみベッドのデメリット

折りたたみベッドは、いろいろなタイプが出てきて入るものの、多くのタイプはマットレスが一体型になっているものが多いです。

 

マットレスや寝心地にこだわる方にとっては選択肢が狭まるため、その点ではデメリットです。。

 

しかし、この点は、上記でも記載した通りマットレスが選べるタイプのものもありますので、「自分は寝心地を重視するから折りたたみベッドは合わない」と諦めず、チェックしてみるのも良いでしょう。

 

もう一点のデメリットとしては、フレームは折りたためるものの、掛け布団の収納スペースは必要だということです。

 

収納スペースに秋のある部屋ならいいのですが、掛け布団をそのまま部屋に置くのは見た目の面でも望ましくありませんので、その辺りのことも頭に入れた上で購入されると良いでしょう。

 

ただ、良くあるのが、せっかく折りたたみベッドを買ったのに、ほとんど折りたたむことがないというケースです。

この辺りは個人の性格によるところが多いので、マメな方なら問題ないでしょうが、スボラな方にはおすすめではありませんので、その辺りは注意してください。

 

折りたたみベッドの選び方

折りたたみベッドを選ぶ際にポイントになるのは誰が使うのかということです。

 

来客用のベッドであれば、たまに使用するぐらいですのでマットレスが一体型のものでもよいでしょう。

 

ただ、部屋のスペースが狭く日常使いをするのであれば、寝心地が良いタイプのマットレスを選んだり、また、リクライニング機能のある快適なベッドを選ぶことが、満足度の高い購入につながります。

 

また、サイズもシングルだけでなく、ゆったりくつろげるセミダブルタイプのものもあります。

寝心地にこだわった折りたたみベッドのラインナップも増えてきておりますので、失敗しない折りたたみベッド選びを心掛けてみてください。