「フロアベッド」一覧

フレームが床についたタイプのベッドで、メリットは、ベッド高が低く、上方空間が開くため、部屋が広く感じ開放感を与えてくれます。

おしゃれなベッドが多いことも特徴で、金額は比較的安めのものが多いです。

フロアベッド

フロアベッドは、床にべったりくっついたタイプのベッドで、基本的には脚がないタイプです。

フレームにマットレスをはめるタイプが多く、低い上にフレームが出ているため、ワイドに見えます。

金額が安いことも特徴で、安い理由は、脚や収納部分などの部材が圧倒的に少ないことにあります。

 

安い理由は、他のタイプのベッドに比べ、脚や収納などの部材が圧倒的に少ないことにあります。

おしゃれなベッドが多いことも特徴の一つです。

 

大学生や社会人など、

モテ部屋にしたい!!

おしゃれな部屋にしたい!!

とお考えの方にはフロアベッドはおすすめです。

高品質でありながら安いベッドでもありおすすめです。

 

フロアベッドのメリット

  • ベッド高が低い
  • ベッドから落ちてもケガをしにくい
  • マットレスにこだわることができる
  • 金額が安い

ベッド高が低いメリットは、同じサイズのベッドを置いたときでも、他のベッドと比べて低いため、上方に空間が開け、部屋が広く感じられます。

 

他の家具にもいえることですが、特に狭い部屋にお住まいの方は、家具の高さを低くすることで、少しでも部屋を広く感じることができます。

狭い部屋にお住まいの方は実践してみてください。

 

他には、ベッドから落ちても安全です。

これは寝相の悪い方にはメリットになりますね。

マットレスに関しても、フレームの部分で費用が抑えられるため、その分マットレスにこだわることができます。

 

快適な睡眠を求める方には部屋が開放的に感じられ、マットレスにこだわることで良い睡眠につなげることができます。

 

フロアベッドのデメリット

逆に、デメリットもありますので、事前にチェックしておきましょう。

 

ベッド高が低いことで開放的な空間が保てるのですが、逆に床に近くなってしまうことで、ホコリが布団やマットレスに付きやすいです。

 

また、風通しも悪くなり、カビやダニが発生しやすい構造です。

フロアベッドの風通しを良くしたものがローベッドですので、この辺りが気になる方はローベッドを洗濯するのも良いと思います。

 

また、ベッドの下に収納スペースがないこともデメリットの一つです。

ものが多い方は、せっかく狭い部屋を広く見せようとフロアベッドを購入しても、ものがあふれた部屋になってしまってはおしゃれな空間を演出することができません。

 

近年は断捨離やミニマリズム・ミニマリストなど、必要最低限以外のものを部屋に置かない人も多くなってきており、空間を大事にする人は実践してみるのも良いでしょう。

 

フロアベッドの選び方

フロアベッドの選び方は、部材が少なくシンプルな作りで、選択するポイントとしてはヘッドボードです。

 

ヘッドボードのデザインによってフロアベッドの印象が変わりますので、ヘッドボードは好みのデザインを選んでください。

コンセントや照明が付けられるなどの機能もありますので、こちらを基準に選んでみると良いでしょう。

 

また、おしゃれなものが多いので、デザインや色にこだわって選ぶことで満足度の高いベッドが購入できると思います。

 

フロアベッドが合う人・合わない人

フロアベッドは冒頭にもある通り安くておしゃれなベッドが欲しいという方におすすめです。

 

ただ、性格上、合う合わないがありますので、おしゃれなベッドは購入できたけど、自分には合わなかったということにならないよう、自分に合うベッドなのか検討してみてください。

フロアベッドは床に近くホコリなどが布団やマットレスに付きやすいので、お部屋をこまめに掃除できる方が合っています。

 

反対にずぼらで掃除をあまりしないという方であれば、ホコリがマットレスや布団に付くばかりでなく、カビやダニの発生する可能性も高くなってしまいます。

 

また、先ほどもお伝えしている通り、部屋に荷物が覆い方にもフロアベッドは合いません。

収納スペースがしっかり確保できる方や、物が少ないミニマリストの方であれば、狭い部屋でもおしゃれで広く感じるお部屋を演出できるでしょう。