「ガス圧式跳ね上げ収納ベッド」一覧

ガス圧式跳ね上げ収納ベッドは、ベッド下が全て収納スペースとして使えルタイプのベッド。ガス圧式なので、女性でも簡単に開けることができルノも特徴。

左右に引き出しスペースが要らないため、狭い部屋にも合いやすいベッドですのでぜひご覧ください。

 

 

ガス圧式は値上げ収納ベッドの売れ筋ランキング

 第1位 ガス圧式跳ね上げ収納ベッド Cyrus サイロス モダンライトコンセント付き

 モダンライトコンセント付き・ガス圧式跳ね上げ収納ベッド Cyrus サイロス第1位は、ガス圧式跳ね上げ収納ベッドの中でもデザイン性に優れた『Cyrus』サイロスがランクイン。

価格もこのタイプのベッドの中では格安なのも人気のポイントです。

モダンライトやコンセントも付いており、機能面でも優れています。

ガス圧式跳ね上げ収納ベッドでどのタイプに使用か迷っているならこのサイロスがおすすめです。

 

第2位 ヘッドレスショート丈ガス圧式跳ね上げ収納ベッド Vogel フォーゲル

ヘッドレスショート丈ガス圧式跳ね上げ収納ベッド Vogel フォーゲル

第2位は、女性向けのヘッドレス・ショート丈タイプ『Vogel』フォーゲル

ヘッドレスでショート丈なので、狭い部屋にもピッタリ!

女性の一人暮らしにベッドが置きたい場合はこのフォーゲルがおすすめ!

コンパクトサイズでありながらたっぷり収納スペースがあるので、ものが多い方も部屋がスッキリ片付けられます。

 

第3位 簡単組立・らくらく搬入_ガス圧式大容量跳ね上げベッド Mysel マイセル

簡単組立・らくらく搬入_ガス圧式大容量跳ね上げベッド Mysel マイセル

 第3位は搬入や組立がカンタンにできる『Mysel』マイセル
女性の一人暮らしでもカンタンに組み立てできるのは大きなメリット!
届いたその日からすぐ使えるのは一人暮らしの方に取ってありがたいですよね。
こちらも人気のベッドでガス圧式跳ね上げ収納ベッドの第3位です。

第4位 通気性抜群_ガス圧式大容量跳ね上げベッド No-Mos ノーモス

通気性抜群_ガス圧式大容量跳ね上げベッド No-Mos ノーモス

第4位は通気性が抜群の『No−Mos』ノーモスがランクイン!

ホコリを防ぎ、空気を流す天然木すのこ構造の床板で、ベッド下の荷物も安心!

価格も3万円台からと、このタイプのベッドではかなり格安!!

湿気の溜まりやすい部屋にお住まいの方も安心して使えるベッドです。

 

第5位 ガス圧式跳ね上げ収納ベッド【NewGrosso】ニューグロッソ

 ガス圧式跳ね上げ収納ベッド【NewGrosso】ニューグロッソ
第5位は、ホワイトカラーが人気のベッド『New Grosso』ニューグロッソ。
価格も4万円台からと格安で、狭い部屋にもカラーが白なので狭く感じさせません。
こちらも人気のガス圧式跳ね上げ収納ベッド。

 

ガス圧式跳ね上げ収納ベッド

跳ね上げ収納ベッドは、収納ベッドの中でも、寝る部分のマットレスの下の床板が持ち上がり、ベッドの下全てが収納スペースとして確保されているベッドです。

 

跳ね上げ式の収納ベッドをご存じない方もいらっしゃると思いますが、はじめて見るとびっくりする動きです。

ベッド下全てが収納スペースとなりますので、収納できる容量も通常の収納ベッドよりも多く、人気のタイプのベッド。

 

床板全部をガス圧シリンダーで開閉するタイプのベッドが、ガス圧式跳ね上げ収納ベッドで、引き出しタイプの収納ベッドと違い、ベッドの横に引き出しを引き出すスペースを確保する必要がありません。

 

ベッドの周りにあまりスペースがないという場合にも、このガス圧式跳ね上げ収納ベッドは有効です。

ガス圧シリンダーは、事故防止装置なども付いていますので、床板の開閉には力をかけなくても安全にご使用することができるため、女性や子ども、高齢の方でも手軽にご使用いただけるベッドです。

 

跳ね上げ収納ベッドのメリット

  1. 大容量な収納スペース
  2. 2台並べてつかうことも
  3. 中身が確認しやすい

 

大容量な収納スペース

何と言っても一番の魅力は、大容量が入る収納スペースです。

 

ベッドの下が全て収納スペースとなっており、仕切りもないため、長物をそのまま収納することも可能です。たとえクローゼットや押し入れが部屋になくても、布団や寝具、衣類にカーペット、そしてゴルフバッグまでもしまえる大容量なスペース。

大きな荷物を収納するスペースが部屋にない方には特に大きなメリットと言えます。

 

2台並べてつかうことも

通常、引き出し付きの収納ベッドの場合は、左右どちらかのスペースを空けなければ収納スペースを使うことができません。

 

ご夫婦で利用される場合など、2台並べて1台のベッドとして使用したい場合もあると思うのですが、引き出し付き収納ベッドの場合であれは、左右どちらにも引き出せるスペースを空けておくか、1台は収納スペースを諦めるといったことになってしまいます。

 

通常は、片側を壁面に合わせて使う(10〜15cm程度は開けた方が通気性の面でいいです)ことが多いと思いますので、この場合は使いにくいと言えるでしょう。

 

しかし、跳ね上げ収納ベッドの場合であれば、足元から開くこともできますので、2台並べて使っても、2台それぞれの収納スペースを有効に使うことができるのです。

 

中身が確認しやすい

引き出し式の収納では、中の荷物を確認するのに、引き出しを引っ張りださないと確認できません。

しかし、跳ね上げ収納ベッドであれば、上に開くため、容易に収納の中を上からチェックすることができます。

 

これで、ベッド下に入れたはずだけど、どの引き出しにしまったのかわからないというようなことも解消できます。

 

ただ、どんな場合にでも言えることですが、整理整頓はきっちりしておいて下さい。

何でも入るとボンボン荷物を入れてしまうと、中身がぐちゃぐちゃで確認しにくい・・・、ということにもなりませんので、せっかくの大きな収納スペースを有効に使いましょう。

 

ガス圧式跳ね上げ収納ベッドのデメリット

  1. マットレスの高さが高くなってしまう
  2. 金額が比較的高い

 

マットレスの高さが高くなってしまう

ベッド下が収納スペースなので、空間を確保するためにどうしても寝る位置が高くなってしまいます。

高い場所で眠ることに抵抗がある方に取ってはデメリットとなってしまいます。

 

金額が比較的高い

ガス圧シリンダーがあったりと、構造が複雑なため、他のタイプのベッドと比べると、金額は高めのベッドが多いです。

マットレス込みのものですと、10万円前後が相場だとお考えください。

 

縦開きタイプと横開きタイプ

跳ね上げ収納ベッドには、縦開きのものと横開きのものがあります。

 

縦開きタイプ

縦開きタイプは、ベッドの足元から床板を開くタイプのベッドです。足元に全くスペースがないケースでも足元部分にスペースがあればご使用いただくことが可能です。

 

狭い部屋などで、片側が壁に面していて、もう一方にも本棚や家具などがあるという場合などでも使用いただけますので、有効に使えます。

ただ、跳ね上げ部分の高さは必要となりますので、天井が低かったり上部に障害があるケースは注意が必要です。

 

横開きタイプ

横開きタイプは、ベッドの片側のサイド部分が開くタイプのベッドです。縦開きだと、頭側に荷物を入れにくいのですが、横方向の場合は、奥まで荷物を入れやすくなっております。

ただ、解放面が長いため、縦開きタイプと比べると開閉は若干重たくなります。

 

跳ね上げ収納ベッドの組立設置

ガス圧式跳ね上げ収納ベッドは構造が複雑に作られており、通常のベッドよりも部品の数などは多くなってしまいます。

 

梱包サイズも非常に大き目となりますので、事前に運ばれる際の大きさが搬入する際の幅が合っているか確認をしておきましょう。

玄関や寝室の入り口だけでなく、マンションなどにお住まいの方で合えば、階段やエレベーターも確認しておいた方が良いでしょう。

 

また、組立も複雑で、自分で作業しようとすると、大人2人でだいたい2〜3時間ぐらいかかってしまう作業となります。

こちらの商品は組立設置も含んだの商品も多いので、組立が面倒だったり地震がない方は組立設置込みのベッドを購入することをオススメします。

 

マットレスについて

跳ね上げ収納ベッドの場合、マットレスと布団はセットになっているものが多いです。

 

それは、床板の開閉の際にベッドに適した重量のものがセットされているためです。

マットレスは別で選びたいとお考えの方もいると思いますが、その際は、そのマットレスや布団の重さもチェックしてください。

セットになっている布団やマットレスは、床板の開閉の際に、適した重量となっているからです。

 

それを、別のマットレスだったり布団にすることは問題ないのですが、重量に関しては重すぎると開かなくなるなどの恐れがありますので、別で購入する場合はその辺りもふまえた上で選んでください。

 

跳ね上げ収納ベッドの湿気対策

収納ベッド全般に言えることですが、湿気は溜まりやすい構造です。人は寝ている間にコップ一杯程度の汗をかくと言われています。

 

汗は下に落ちていくので、その汗がマットレスや床板を通じ、収納スペースに湿気が溜まってしまうということなのです。

 

そこに大量の荷物を入れっぱなしにして風通しが悪いと、ジメジメした空間となってしまい、カビが生える原因となってしまうのです。

 

しかし、安心してください。

 

跳ね上げ収納ベッドは、外出時など使わない時に、床板をあげたままにすることがおすすめです。そうすることで中に空気が入り、風通しを良くすることで湿気対策はしっかりできます。

特に梅雨時期などは有効ですのでぜひ実践してみてください。